HomePod miniを活用する10のテクニック

  • 17,322

HomePod miniを活用する10のテクニック
Image: David Nield/Gizmodo US

在庫がなくなり次第、販売終了が発表されたApple(アップル)のスマートスピーカー、HomePod。次なるバトンは、サイズが一回り以上小さく、価格もお手頃なHomePod miniへと託されました。

スマートスピーカーは音楽を楽しむ以外にもスマート家電の操作や、ちょっとした疑問にも答えてくれる優れものですが、すでにHomePodまたはHomePod miniをお持ちの方でも「100%使いこなせてますか?」と聞かれて、もちろん! と答えられる方は少ないかもしれません。そこで今回は、HomePod miniを活用する10のテクニックについて少し触れてみたいと思います。

1. Siriを使ってHomePod miniを操作する

まずはじめに、HomePod miniはSiriを活用することでいろいろな操作が簡単になります。たとえば、Siriにお願いするだけで好きなアーティストの曲を流してくれたり、音楽の再生/一時停止はもちろんのこと、簡単な翻訳やちょっとした質問にも答えてくれます。ほかにも、曲の再生中に「音量を10%下げて」と伝えれば音量を小さくしてくれますし、「10秒スキップ」と伝えれば再生中の曲を10秒スキップしてくれます。

Siriにお願いできるその他のコマンドについては、ぜひこちらのページを参考にしてみてください。

2.HomePod miniを 「ステレオペア」として設定する

もしもHomePod miniを2台お持ちの場合は、HomePod mini同士をペアリングで繋げてステレオペアとして設定できます。ステレオペアの設定方法はiPhoneまたはiPadの「ホーム」アプリをタップして、画面に表示されている片方のHomePod miniのアイコンを長押しします。次に、画面下に表示される「設定」のアイコンをタップして「ステレオのペアを作成」を選んだら、あとは画面の指示に従います。

ステレオペアに設定したHomePod miniは、ほとんどのアプリやデバイスでも、ステレオサウンドとして動作します(一部アプリやデバイスに例外あり)。

3. HomePod miniとiPhone間で再生中のメディアを引き継ぐ

HomePod miniで再生していた曲をiPhoneに引き継ぐには、iPhoneをHomePod miniの上部に近づけます。するとHomePod miniで再生していた曲がiPhoneへと転送されます。この機能を使うには、iPhoneの「設定」>「一般」>「AirPlayとHandoff」>「HomePodに転送」からオンにできます。

また、iPhoneで再生していたポッドキャストのコンテンツを、HomePod miniに引き継ぐことも可能です。

Image: はらいさん

4. 好きなアプリの音源をHomePod miniで再生する

AirPlayを使えば、Apple Musicだけでなく好きなアプリの音源もHomePod miniで再生することができます。しかし、「Hey Siri」を使った音楽の操作は今のところApple Musicのみ対応なのをお忘れなく...。

また、AirPlayを使えばiPhoneやiPadだけでなく、Macからの音源もHomePod miniで再生することができます(デバイスが同じWi-Fiに繋がっているかを確認してください)。

5.HomePod miniをインターコムとして使う

家族同士で声によるやりとりができる「インターコム」。この機能をオンにするには、「ホーム」アプリをタップしたあと、画面左上に表示される家のアイコンを選択し、「ホーム設定」を選んで「インターコム」をオンにします。

iPhoneやApple Watch、iPadを含むアップル製品からHomePod mini宛にオーディオメッセージを送信するには、「Hey Siri、インターコム-」と話しかけるか、「ホームアプリ」の画面右上端に表示されているインターコムのアイコンをタップしてから話しかけます。HomePod miniが家に複数台ある場合は、特定の部屋に設置されているHomePod mini宛にメッセージを送ることもできますし、複数の部屋にまとめてメッセージを送信することも可能です。

6. HomePod miniにマルチユーザーを追加する

HomePod miniに話しかけるのがひとりだけでなく、家族のように複数人いたとしても、Siriはそれぞれの声を認識し、ユーザーに合わせた情報(カレンダーの予定やお気に入りのプレイリストなど)を提供してくれます。

新しいユーザーを追加するには、「ホーム」アプリをタップして画面左上に表示されている家のアイコン>ホーム設定>メンバー>参加依頼の順にタップして、新たにHomePod miniに登録したいメンバーを検索し、追加します。招待を受けたメンバーは自身のiPhoneの「ホーム」アプリから承認することで、HomePod miniが操作できるようになります(新しいユーザーはHomePod miniを最初に設定したユーザーのみ追加できます)。

※HomePod miniを操作する「ユーザー」を追加するのは可能ですが、話している人の声を識別する機能は記事作成時点では日本語に対応していません。

7.HomePod miniの視聴履歴を反映させない

HomePod miniで再生された音楽が、ミュージックの「For You」のおすすめに反映されないように設定するには、「ホーム」アプリに表示中のHomePod miniのアイコンを長押したあと、「視聴履歴をアップデート」をタップします。この機能をオフにすれば、ポッドキャストの再生情報もデバイス間で同期されるのを防ぐことができます。

Image: はらいさん

8. 家から人が離れたらHomePod miniを一時停止させる

「ホーム」アプリでHomePod miniのアイコンを長押しして、画面下に表示される「オートメーション」をタップすることで、最後の人が家を出発したときに、HomePod miniで再生中のメディアを一時停止させるように設定することができます。

また、オートメーションを追加すれば、誰かが家に到着したときに音楽を自動で再生するように設定することもできます。

9. Siriを使って歌詞から再生したい曲を見つける

このワザはSiriとApple Musicを必要としますが、「Hey Siri、次の歌詞が含まれる曲を再生して」に続いて歌詞のフレーズを伝えれば、Siriはその歌詞を頼りに曲の検索を始めます。また、再生されている曲は、「Hey Siri、この曲を〜のプレイリストに追加して」と伝えればお気に入りのプレイリストにいつでも追加できます。

10. 「Hey Siri」の聞き取りをオフにする

iPhoneやiPadを使用しているユーザーの中には「Hey Siri」の聞き取り機能をオフにしている方も多いかもしれません。Siriが勝手に発動してしまうのを防ぐため、バッテリーの消耗を抑えるため、という方もいれば、Siriを使って宿題の答えを聞き出そうとする子供の策略を防ぐために聞き取り機能をオフにしている方もいるかもしれませんね。

HomePod miniでSiriの聞き取り機能をオフにするには、「ホーム」アプリの設定からオフにする、またはHomePod miniに「Hey Siri、Hey Siriの聞き取りをオフにして。」と伝えれば完了です。ちなみにHey Siriの聞き取り機能はオフにしても、HomePod miniの上部を長押しすれば、いつでもSiriを起動させることができます。

    あわせて読みたい