プラスティックフリー! 紙でできたトイレに流せる妊娠検査薬

プラスティックフリー! 紙でできたトイレに流せる妊娠検査薬

素晴らしいアイデア!

妊娠検査薬って使ったこと&見たことありますか? おしっこをかけると、2本線やプラスマイナスが表示され、お家で簡単に妊娠簡易検査ができるってアレです。ドラマにでてくるヤツです。最近は、アプリと連動しているものや、LCDスクリーン搭載のデジタル検査薬もあり、1度きりの使い捨てなのに変にスペックあがってしまったことで電子廃棄物の問題も指摘されています。だからこれ、Liaは紙でできた生物分解可能な妊娠検査薬。デジタル要素はもちろん、フレーム部分のプラスティックも排除しました。

使い方は従来の妊娠検査薬と同じ。所定の位置を尿にひたし、尿に含まれるホルモンhCG値を測定します。テストの正確性は99%。Liaはトイレットペーパーと同じ植物繊維から作られているので、判定後は検査スティックそのものをビリビリっと破り、トイレに流してしまえます。ノリを使っていないことも、生物分解しやすい理由の1つ。従来の妊娠検査薬でよく使われるプラスティック、ガラス繊維、ニトロセルロースはLiaにはいっさい使用されていません。

Liaは第三者機関で水溶性・分解性のテストが行われており、それによれば、テスト用紙部分が完全に分解されるのに要した時間は10週間でテストは合格(=トイレに流しても大丈夫)。ただ、パッケージは流さずリサイクルに回してねと。

Liaによれば、アメリカでは妊娠検査薬から年間200万ポンド(約900トン)のプラスティックゴミがでているといいます。プラごみ削減はもちろん、結果をトイレに流せることでプライバシーの観点からもLiaは優れていると言えますね。では、ドラマでよくある妊娠検査薬を誰かに見せるくだりや、検査結果を残しておきたいという人はどうするのか…。大丈夫!検査結果が表示される部分は切り離して保存しておけるデザインになっているんです。

Video: Lia Pregnancy Test/YouTube

LiaのCEOであるBethany Edwards氏は「プラスティックフリー、生物分解可能、トイレに流せるようにするために、この検査薬は3つのパーツ(フレーム上部、フレーム下部、テスト用紙)のみでできています。今後、さらなるイノベーションを続け、より多くの人が使用できるようにしていきたいです」とコメント。

現在のところ、Liaはアメリカ国内でのオンライン販売のみ。2つ入りで14ドル。

Source: Lia

    あわせて読みたい