キヤノン攻めてる。レンズのフォーカスリングをなくす特許

  • 21,318

  • author 塚本直樹
キヤノン攻めてる。レンズのフォーカスリングをなくす特許
Image: Canon

軽量化につながるかな?

キヤノンは従来のフォーカスリングの代わりにタッチパネルを採用することでレンズの仕組みを変える可能性のある、興味深い特許を登録しました。

特許庁に提出されたデザインが示すように、新しいレンズでは時計回りと反時計回りの回転を検出できる円形のタッチパッドがレンズの横に搭載されます。この小さな円形のタッチパッドは、親指の細かな動きで操作できるように設計されているのです。

キヤノンのデザイナーはこのシステムが通常のフォーカスリングの回転よりも速く、快適で、直感的に使えると考えているようです。また、同じ機構でズームを制御したり、パネルの特定の位置にさまざまな機能を割り当てられるという利点もあります。

キヤノンがこのような試みをするのは、実はこれが初めてではありません。同社の最新のタッチ機構であるEOS R Touch Bar(マルチファンクションバー)は、あまり評判がよくありませんでした

キヤノンが計画しているかもしれない新レンズ機構、はたして製品に採用される日はくるのでしょうか?

    あわせて読みたい