AppleがMRヘッドセットやARコンタクトレンズを開発中…って本当!?

  • author 塚本直樹
AppleがMRヘッドセットやARコンタクトレンズを開発中…って本当!?
Image: Apple Insider

もはやSF。

ある意味、ウェアラブルの極地かもしれません。海外アナリストのミンチー・クオ氏は、Apple(アップル)AR(拡張現実)コンタクトレンズを2030年代に投入すると報告しています。

クオ氏によれば、このARコンタクトレンズは「ビジブル・コンピューティングからインビジブル・コンピューティングへの切り替わり」になるそう。なんだか、壮大な話ですね…。

またこのARコンタクトレンズは、独自の処理能力やストレージはおそらく持たず、iPhoneなどのデバイスと連携して動作することが予測されています。視野にAR情報が重ねて表示されるコンタクトレンズなら、それはそれでぜひ体験してみたいものです。

クオ氏はその他にも、AppleがMRヘッドセットを2022年中旬に、そしてARグラスを2025年までに投入するとの報告を伝えています。このうちMRヘッドセットはソニー製のマイクロ有機ELディスプレイを搭載し、既存のVRヘッドセットを大幅に上回る没入体験を提供します。また製品はスタンドアロンで動作するポータブルタイプ(ただし完全にモバイルではない)で、重量は100〜200g、1,000ドル(約11万円)にて販売されるそうです。

一方でARグラスは、「シースルーAR体験」の提供を目標としており、よりモバイルに特化した製品になるとのこと。現時点ではプロトタイプは存在していませんが、このARグラスはさらに数年後に登場するかもしれない自動車「Apple Car」との統合もありえるそうです。

というわけで、今後続々と登場するかもしれないAppleのAR/MRプロダクトたち。スマートグラスと聞くとGoogle(グーグル)の「Google Glass」という微妙な先例もありますが、より一般消費者が楽しめる製品の登場に期待したいですね。

Source: MacRumors (1, 2

ARコンタクトレンズ ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい