BelkinからUSB-Cドッキングステーションが登場。ケーブル1本で2画面出力対応だよ

  • 17,308

  • Buy
  • author 小暮ひさのり
BelkinからUSB-Cドッキングステーションが登場。ケーブル1本で2画面出力対応だよ
Image: Belkin

小さくても、多ポートさん。

USB-C一本で接続できて、電源付きで給電も安定していて、ポートも映像出力も増える。という、ドッキングステーション。

最近ギズモードでも『USBハブやめて「電源つきUSBドック」を使おうぜ!』といった提案をしていますが、デスクワークでPCのポートを増やすなら、ケーブルが短いハブよりもドックの方が、インストール面でなにかと有利なんですよね。

2021-03-04belkkk02
Image: Belkin

そんな僕らの心を読んだの?

と勘ぐりたくなるタイミングで、Belkinから「USB-Cデュアルディスプレイドッキングステーション INC002qcBK」が発表されました。

寸法は33x95x95mmと、多ポートドッキングステーションの中でもなかなかにコンパクト。デスクに置いてもいいし、デスク裏に配線隠して設置しても良さそうで、まさにインストール(設置)が楽なやつですね。

して肝心のポートは類は、

3.5mmオーディオ入出力

ギガビットイーサネットポート

USB-A 3.1ポート×2

USB-A 3.1(BC1.2)ポート×1

HDMI 1.4 ポート×2(1080px2-DisplayLinkグラフィックで出力)

USB-C PDポート(最大85W給電)

となっています。USB-Aが3つ増えて有線LANが使えるのと、1080pまでながら、HDMI映像出力が2系統出せるってのがポイントかな。

ただし、映像出力はUSBビデオアダプタとなる、DisplayLinkグラフィックスでの出力となるため、若干CPU負荷が高いのとHDCP非対応なので、著作権保護されたコンテンツ(NetflixやAmazonプライムビデオなど)がブラックアウトすると思われます。

3月12日発売でAmazonでは1万610円で予約が始まっています(原稿執筆時点)。映像出力にちょっとひとクセあるドッキングステーションですけど、M1チップのMacでも2系統出力できるので、サクッと画面を増やしたい、ポートを増やしたいといったニーズにはガッチリかと!

11-in-1。やけくそみたいなUSB-Cハブ?ドック?も

2021-03-04belk01
Image: Belkin

あと、なんかすんげえ拡張できるやつ(USB-C 11-in-1マルチポートドック INC004btSGY)もあります。

ドッキングステーションというよりも、ハブ寄りなスタイルだけど、PC/Macの近くにポートを集中させたい方は、こっちの方が選びやすい…かも? ポートは左から…

3.5mmオーディオ入出力

VGAポート

SD 3.0カードリーダー

MicroSD 3.0カードリーダー

ギガビットイーサネットポート

USB A 3.0(BC1.2)ポート×2

USB-A 2.0ポート

4K DisplayPort 1.2

4K HDMI 1.4(4K 30Hz)

USB-C PDポート

11-in-1という多ポートで、とりあえずコレあれば繋がらないものないでしょ?というやけくそ感すら感じますね。

USB-3.0も2ポート増えて、4KサポートしているDisplayPortやHDMIポートもあって(こちらもWindowsは1080p 60hzでのデュアル出力対応。MacOSだとシングルのみ)、スタンドとしても使えて、USB-Cポートは100Wパススルー充電対応。となかなかの無双感。

個人的に背面カードスロットがギルティなんだけど、これはカメラのデータを頻繁に吸い出すかどうかで、ジャッジが変わると思いますね。デザイン的には背面にまとめたほうがスッキリするしね!好み好み!

こちらも3月12日発売で、Amazonでは予約が始まっています。原稿執筆時点での価格は1万530円。1台あればとりあえず接続に関する問題は解決できそうだよね。

Source: Belkin(1, 2

    あわせて読みたい