東京から地方に秒でアクセス! VRで旅行も買い物もできる「未来の物産展」に行ってきた

  • author Jun Fukunaga
東京から地方に秒でアクセス! VRで旅行も買い物もできる「未来の物産展」に行ってきた
Image: 未来の物産展 from 青森

百貨店や駅構内の催事スペースを使って、地方の特産品が販売される物産展

これまでは多くの人々で賑わいを見せていましたが、コロナ禍の現在は以前と比べて物産展を見かけることも少なくなり、都内住みとしては寂しい限り。

とはいえ、多くの人が集まり密になりやすい物産展は、出店者にとっても買い物客にとっても感染リスクが高いのも事実。そういった課題をテクノロジーで解決しようとしたのが、2021年3月17日(水)〜28日(日)まで、JR東京駅内の「JAPAN RAIL CAFE」にて行われている「未来の物産展 from 青森」です。

「未来の物産展 from 青森」は、VRと5Gテクノロジーを活用することで、東京で青森の観光・物産・食を体験できる新しいかたちの物産展。JR東日本スタートアップとABALが共同開発する、リアルとバーチャルの空間を掛け合わせて新しい観光・購買・飲食体験を実現する次世代型流通小売りシステム「Hybrid Retail Platform」を利用した新しい旅のかたちの提案であり、コロナ禍でさまざまな影響を受けた物産展出店者のビジネスチャンスを拡大するための実証実験でもあります。

イベントは、「JAPAN RAIL CAFE」に設けられた3メートル四方の特設ブース内で行われ、最大4名までが同時に体験できます。ユーザーは、VRデバイス・オキュラス クエスト2を装着してVR空間内にアクセスしますが、そこでは青森ねぶた祭、弘前城の桜、奥入瀬渓流、岩木山(津軽富士)、A-FACTORY(シードル工場)といった青森県の観光名所が、各フロアごとに分かれた5階建ての建物としてVRで再現されます。

特設ブースでVRデバイスをつける様子
3メートル四方の特設ブース内を外から見た様子
VR空間内で各フロアで再現される5つの観光名所
VR空間内で各フロアで再現される5つの観光名所

360°で広がるVR空間では弘前城で舞い散る桜を観賞、青森ねぶた祭で臨場感たっぷりで押し寄せてくるねぶたや花火を眺める、奥入瀬渓流で水のせせらぎに耳を澄ます…というようなリアルでもよく知られた体験を、バーチャルで味わうことができます。

また、観光名所の移動も簡単で、空間内に設置された移動ボタンを押すだけでOK。

足元の地面がエレベーター化して、そのとき見ている景色が流れるようにして、次の観光名所に移動していきます。バーチャルでありがちな瞬間ワープでなく、この徐々に目に映る景色が変わっていく感じも、リアルの旅行の移動っぽくて体験の没入感を高めてくれます。

弘前城
弘前城

ねぶた
青森ねぶた祭

奥入瀬渓流
奥入瀬渓流


物産展といえば、買い物が主役。

VR空間では、各観光名所ごとに「いちご煮」や「アップルバター」のような名産品が並べられたバーチャルパネルが表示されます。ユーザーは2Dモニターを通して、遠隔地にいる販売員の接客を受けながら、好きな商品をECサイトのように選んで商品カートにいれることができます。

ちなみにVR空間内での販売員とのやりとりには、ドコモの5G通信ネットワークが利用されているので、やりとりもほぼ遅延なくめちゃスムースでした。まるで目の前に販売員がいるかのごとく、会話も弾むのでリアルの物産展のように買い物を楽しめます。

タッチパネルで商品を選択する様子
タッチパネルで商品を選択する様子

8
いちご煮

9
アップルバター


また、VR空間での買い物は、観光が進むうちにはじめは興味がなかった商品をいつの間にかカートに入れてしまっていることも。筆者は、A-FACTORY観光時にシードルや貯蔵タンクを見て、実際にシードルをカートに入れてしまいましたが、この感覚はリアルの旅先でも「旅行の高揚感から財布の紐が緩くなるあの感じ」に通じるものがあります。

それと、カートに商品を入れるのも順番待ちする必要がありましたが、その感じも旅先のお土産屋に並ぶような気分にさせてくれますね。こういった体験もリアルの追体験的であり、VR物産展ならではの醍醐味のひとつかもしれません。

シードル工場
シードル工場

シードル工場内に並べられたシードル
シードル工場内に並べられたシードル


ちなみにカートに入れた商品は、体験終了後にタブレットで確認してJAPAN RAIL CAFEのカウンターで決済すれば、その場で受け取って自宅に持ち帰ることができます。

また、「ご飯のお供セット」などの飲食メニューは、JAPAN RAIL CAFE内で味わうことができます。

この購入した商品をその場ですぐ持ち帰れる&味わえるところに、催事スペースを回って買い物した商品を自宅に持ち帰るリアルの物産店らしさを感じました。

ご飯のお供セットさくら
ご飯のお供セット さくら

厳選ドリンクりんご茶
りんご茶

厳選スイーツアップルブランデーケーキ
アップルブランデーケーキ


「未来の物産展」では、従来の物産展のかたちを踏襲しつつも、そこにバーチャルで観光体験を加えたことにより、物産展や旅行の新たなかたちを感じさせるものになっていました。また体験後は、「バーチャル観光した奥入瀬渓流や岩木山に、ぜひ今度はリアルで行ってみたい」と感じたので、バーチャルでの体験が地方への観光需要を高める効果もありそうです。

今回のVR空間での買い物では、商品は2D画像で表示されていましたが、例えば近い将来それが3D化してリアルでの買い物のように手に取ったり感触まで確認できるようになったりすれば、より物産展も未来化しそうですね。

main

Image: 未来の物産展 from 青森

    あわせて読みたい