DJI FPV Droneレビュー:一人称視点で空から世界を見る、気分サイコーです!

  • 11,090

DJI FPV Droneレビュー:一人称視点で空から世界を見る、気分サイコーです!

さいっこうだ!

DJIの最新モデルはFPVドローン。ファースト・パーソン・ヴュー=一人称視点から見る空の上はどんな世界なんでしょう。ゴーグルをつけた没入感の高い飛行体験ができるということで、新シリーズとして期待はかなり高いです。実際使った感じはどうなんでしょう? 米Gizmodo編集部がさっそくレビューしてきました。


DJIといえば、エンタメなど広く商業活用されている一方、初心者にも比較的扱いやすいことからVlogユーザーからも人気のドローンメーカー。最新のFPVドローンによって、ますますドローンコミュニティを牽引していく存在になりそうです。ある機能がないことで(後述します)完璧とは言えないものの、ビギナーでも使いやすいハイエンドドローンになっています。


DJI FPV Drone

価格:1299ドル(DJI FPVコンボ:15万4000円

いいところ:使いやすい。4K撮影。箱開けてすぐ飛ばせる同梱パッケージ。安全機能が充実。

残念なところ:高い。モジュラー型ではないので、DIYカスタムや修理がしにくい。


1299ドル(日本では15万4000円)のパッケージには、買ったらすぐに飛ばせるよう必要なものが全部そろっています。まず、ドローン本体。DJIの他のモデルとは見た目がけっこう違います。重さ800グラム(バッテリー込み)のボディは安定感あり。ちょっとPhantom Pro 4を思わせるような。搭載されているカメラは、最大4K/60fps撮影、4倍スロー/120fpsが可能。

同梱物で本体の次に目がいくのが、DJI FPV Goggles v2。ドローンからのライブ映像を画質1440 x 810(120 fps)で受信します。低遅延のHD映像伝送で、他社のFPVドローンの追随を許さないクリアな飛行映像を見ることができます。FPV初体験の僕としては、綺麗な映像による高い没入感にかなり衝撃をうけました。このレビューで僕が1番言いたいのはここで、HD飛行体験の息を呑む素晴らしさなんです!

新デザインになったリモートコントローラーも同梱されています。Mini 2やAir 2のボックスタイプのコントローラーと異なり、ゲームコントローラーっぽい見た目になっています。箱タイプも持ちやすくて好きでしたが、DJI FPVのこのコントローラーの方がよりいいですね。

その他、予備のプロペラや各種ケーブル、電源アダプターなどなど、必要なものは全部いりなのが素晴らしい! 素晴らしいけど、その分高いんです。購入にはかなり思い切りがいる価格。同梱物がいっぱいあるだけでは思い切れない価格です。ドローン趣味はお金がかかるということなのかぁ…。ドローンだけ買えば、例えば400ドル前後だとして、そこにコントローラーやリモートなどつけていけば、結果、すぐにDJI FPVコンボの価格またはそれ以上になるので適正価格といえば適正価格なんでしょう。ただ、少しずつ集める場合の長期予算プランは組めないので、ガツンと初期投資しないといけないのが果たして吉か凶か…。ちなみに、2019年のDJI FPV Fly Unit(180ドル)とゴーグルをペアリングできるということなので、そっちも活用するのもあり。


全体

210304djifpv
Photo: Matthew Reyes/Gizmodo


4Kカメラと手ぶれ補正システムRocksteady EIS。

スクリーンショット2021-03-055.04.00


DJI FPV Goggles V2。

スクリーンショット2021-03-055.04.08


新デザインのリモートコントローラー。

スクリーンショット2021-03-055.04.14


コントローラー上部。フライ中に使える、ホーム帰還モードや緊急ブレーキ。

スクリーンショット2021-03-055.04.19


FPVの4K画像。

スクリーンショット2021-03-055.04.25


予算はある!というならば、問題なしの買い案件。FPVを思う存分楽しむのに完璧ですし、DJIエコシステムを使えばゴーグルを他のドローンと連携もできますし。4K動画クリエイターなら、自分の目で見ながら=フレームを確認しながらの最高なショットが撮れます。ただね、あの機能がついていないんです…。

被写体を追尾するActiveTrack機能、これがFPVには未搭載なんですよね。動画クリエイターには非常に使える&嬉しい機能なのに。これさえあれば、真に他の追随を許さない最高のFPVハイブリッドドローンになったのに…。非常に残念です。

一方で、安全面はしっかりしてます。前方&下方障害物検知センサ(自動減速)、離陸地点に自力で戻ってくるスマートRTH (Return-to-Home)機能、緊急ブレーキなどを搭載。実際使っていて、自動減速には何回かお世話になりました。ドローンの操縦はお手の物という人は、3つの操作モード(初心者向けのNモード、完全マニュアル操作のMモード、NとMのハイブリッド型のSモード)からMモードを設定すれば、自動安全機能の一部(またはすべて)オフにすることもできます。

FPVドローン、ものすごく楽しいです。最高です。初めてFPVドローン飛ばして見ましたが、ハマる人の気持ちがめちゃくちゃよくわかりました。本当に空から世界を見ている気分になるんです。初めてドローンを触ったときのワクワクを思い出しました。FPVに関わらず初めてドローンを飛ばす人、しばらくドローンから離れていた人は、FPVドローンですっっっっごく楽しい時間を間違いなく保証します!


まとめ

・DJI公式では最大20分間飛行とありますが、レビューではノーマルモードで15,6分、スポーツモード、マニュアルモードでは6,7分というところでした。

・4k動画は最高ですが、LOG撮影ができないのは痛い。動画フォーマットもmp4とHEVC。

・手ぶれ補正システムRocksteady EISが頼りになる。

Source: DJI

    あわせて読みたい