Fitbit Inspire 2がTile機能付きに。なくしても探せるようになったよ

  • 5,424

  • author 中川真知子
Fitbit Inspire 2がTile機能付きに。なくしても探せるようになったよ
Image: Fitbit

スマートウォッチをなくすとものすごくショックです。

私はFitbitをつけっぱなしで寝ているのですが、寝ている間に無意識のうちに外してしまうらしく、朝になってスマウォが無いと慌てることがあります。

外しただけなら布団の周りに落ちていますが、我が家の猫がスマウォに興味があって咥えて持っていってしまうため、部屋中を必死に探すんです。

でも、そんな必要もなくなりそう。

というのも、FitbitがTileとパートナーシップを組んだからです。

まずは「Fitbit Inspire 2」をすぐに探せるようになりましたよ。

ソフトウェアアップデートで機能追加

「Fitbit Inspire 2」のTile機能は、すでに持っている人も、これから購入する人も、追加料金を払うことなく利用できるそう。

使い方は以下の通りです。

1)Fitbitアプリのデバイスソフトウェアをアップデートします。

2)Fitbitトラッカーをアップデートする指示が出ればしたがってください。

3)「Fitbit Inspire 2」のスクリーンをスワイプダウンし、Tileアプリをタップします。

4)Tileアプリをダウンロードして起動し、Fitbitをタップ。

5)「Fitbit Inspire 2」をペアリングします。

これからは、「Fitbit Inspire 2」をなくしても Bluetoothの範囲内なら「Tile」アプリを使ってデバイスを探せます。

範囲外なら、「Tile」アプリでデバイスの最後の位置を検知するか、「Tile」のグローバルネットワークを使って、見つけることができます。

Fitbit_Inspire_2_Tile_App_iPhone
Image: Fitbit

なお、「Fitbit Inspire 2」がBluetoothでスマホに接続していれば、スマホがサイレントモードになっていたとしても、「Inspire 2」を使ってスマホを鳴らすことができるので、スマホ紛失も防止できます。

Tile Premium」に加入すれば、スマートアラートなどの追加機能にもアクセス可能。出かける時に「Inspire 2」を忘れていると、家を出る前にデバイスが知らせてくれます。せっかくの運動を記録できなかったなんて悔しい思いをしなくて済みますね。

「Tile」の「追跡」機能は徐々に他のFitbitデバイスにも導入される予定とのこと。

先日、「Fitbit Charge4」がSuica対応になり、今後は他のデバイスでも続々対応になると発表されましたが。Tileの「追跡」機能も使えるようになるわけですね。ますます便利になりそうです。

    あわせて読みたい