世界最小クラスで4人乗り&緊急時には水に浮くEV「FOMM ONE」。エネオスとさいたま市がシェアサービス実証実験開始

  • 11,216

  • author 岡本玄介
世界最小クラスで4人乗り&緊急時には水に浮くEV「FOMM ONE」。エネオスとさいたま市がシェアサービス実証実験開始
Image: FOMM

国産のユニークなEVに乗れる機会到来!

超小型で4人乗りの電気自動車「FOMM ONE」。最初の1マイルという近距離を移動するという意味で、「First One Mile Mobility」の頭文字からその社名および車名が付いています。

ホイール内蔵モーターのおかげで車内は広く、アクセル操作を手元で行うのでペダルの踏み間違いもない、それに緊急時には水に浮いて進むこともできるという「FOMM ONE」。どんなEVなのか、その姿をご覧ください。

Video: 佐藤俊/YouTube

大宮とさいたま新都心で乗れる!

これが3月23日より、さいたま市とガソリンスタンドのエネオス、そして自転車のシェアリングを行っているOpenStreet株式会社が手を組み、大宮駅とさいたま新都心駅周辺エリアで実証実験を始めます。

210323_fomm2
Image: ENEOS

ここでは電動アシスト自転車とスクーター、そして「FOMM ONE」が選択でき、市が利用環境を整備することで交通利便性の向上を実現させると共に、利用データから新たな移動手段の追加やエネオスの充電ステーションの拡充といった利便性向上に繋げることになります。

「FOMM ONE」は8つのステーションに22台分の駐車スペースを確保し、まずは10台を配備して増やす予定とのこと。3密を避けつつ買い物や送迎をし、片道だけでも利用ができるようになっています。気軽で新しい生活様式に即したサービスが、ここから生まれそうですね。

もし近隣の方で乗ってみたい! という場合は、「HELLO SCOOTER」アプリをスマホに入れて予約し、15分200円でレンタルができるようになっています。

もし買うなら?

ちなみに、2月末のお知らせなのでもうないかもしれませんが、「FOMM ONE」は軽自動車のナンバーを取得したことを記念し、限定6台が各275万円(税込)で発売されました。関東エリア限定でカラバリはオレンジ、レッド、ピンクの3色が早い者勝ちで選べ、予約金50万円を入金できる人といった条件が設定されていました。

FOMM ONE 限定販売開始のお知らせ!FOMM ONE が日本での軽自動車ナンバーを取得したことを記念して、限定6 台の国内先行販売の受け付けをスタートいたします!▼詳しくはこちらhttps://9b2821fb-75cf-4006-b34f-592983ccd355.filesusr.com/ugd/9e824f_d96b37ed62b94520adb4520b8385ed83.pdf

Posted by 株式会社FOMM on Sunday, February 21, 2021

もう売り切れちゃいましたかね。気になる方は調べてみましょう。

Source: YouTube, facebook, Open Street Inc. , FOMM (1, 2, 3), ENEOS via Car Watch

    あわせて読みたい