これ最高の選択肢…Galaxy Tab A7 Liteは、iPad mini対抗の8.4インチで3万円?

  • 55,631

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
これ最高の選択肢…Galaxy Tab A7 Liteは、iPad mini対抗の8.4インチで3万円?
Image: Samsung via Evan Blass, Other

いま最も望まれている…?

スマホが大画面化して高性能になればなるほど、なんだかタブレットの立ち位置が微妙です。思いっきりタブレットにも、高性能でビッグサイズのディスプレイを求める人もいれば、逆にiPad miniのように、とにかくコンパクトかつ低価格で手に入れられる選択肢が好まれるケースもありますよね。でも、そのチョイス、Androidタブレットには少なすぎるような。

しかしながら、このほど数々のリークを流してきたEvan Blass氏が、Voiceにおきまして気になるSamsung(サムスン)の「Galaxy Tab A7 Lite」なる新製品の情報を公開しました。来月正式発表されるというGalaxy Tab A7 Liteは、8.4インチのコンパクトサイズで、スペックをMediaTek Helio P22TチップのCPU、3GBのRAM、5100mAhの搭載バッテリと、シンプルに抑えてきたのが最大の特徴。つまり、限りなく低価格でまるでiPad mini対抗モデルとして攻めてきそうな予感なんですよね~。

210330a6b
Image: Samsung(via Walking Cat)

実は最新のGalaxyタブレットとしましては、すでにSammobileが廉価版の「Galaxy Tab S7 Lite」の存在をリークしていました。Snapdragon 750Gチップを採用し、4GBのRAMというスペックにて、12.4インチの1サイズのみで投入予定。ハイエンドな「Galaxy Tab S7」よりはスペックを落としつつも、サイズ的には10.5インチモデルを用意しない方針のようです。5G通信機能もオプションで選択でき、Sシリーズならではのクオリティが重視されてもいる感じでしょうか。

とはいえ、現行の「Galaxy Tab S6 Lite」などから想像するに、Galaxy Tab S7 Liteは、今夏に350ドル前後で発売されるのでは? そんな予測が流れています。とすると、リアカメラにフラッシュ非搭載という大胆なコストカットで、さらなる低価格の設定が期待されるGalaxy Tab A7 Liteにいたっては、日本円にして3万円ほどで購入できる300ドル切りなんて実現してくれば、かなり多くのユーザーから受け入れられそうですよね? 折りたたみデザインは高いので、こういうコンパクトで安いタブレットとスマホの2台持ちこそが最適解となっていくやも?

Source: Voice

    あわせて読みたい