Appleに続きGoogle Play Storeも手数料が半分に(ただし大手は除く)

  • author 塚本直樹
Appleに続きGoogle Play Storeも手数料が半分に(ただし大手は除く)
Image: BigTunaOnline / Shutterstock.com

『フォートナイト』も対象外よ。

昨年のApple(アップル)のストア手数料引き下げに続き、Google(グーグル)Google Playのストア手数料を15%に引き下げると発表しました。

2021年7月1日から反映される、今回の変更。なおこの引き下げの対象となるのは、開発者が毎年販売する最初の100万ドル(約1億1000万円)のみとなり、それ以上の収益に対しては30%の手数料がかかります。つまり、小規模〜中規模なソフトウェア開発企業なら恩恵を受けられるということになります。

それでもその効果は大きく、グーグルによれば99%の開発者の手数料が削減される、とのこと。

ところでストアの販売手数料といえば、『フォートナイト』のEpic Gamesとアップルとのバトルが思い出されますね。アップルは昨年にApp Storeの規約を改定し、年間収益100万ドル以内の企業の手数料を15%へと引き下げています。しかしこちらも、Epic Gamesのような超大手ディベロッパーにはメリットのない話です。

グーグルとアップルによる相次ぐ手数料の引き下げは大手ディベロッパーにはほぼ影響しませんが、それでも小規模な開発者にとってはありがたい変更といえそうです。

Image: BigTunaOnline / Shutterstock.com

Image: Android Developers Blog

    あわせて読みたい