エスパーになれる……この「EMGリストバンド」があれば!

  • 10,272

  • author 西谷茂リチャード
エスパーになれる……この「EMGリストバンド」があれば!
Image: Facebook

脳に埋め込まずとも意図を汲み取ってくれるガジェットあるんだね。

スマホの次はコレ!と名高いのが空間コンピューティングです。スマートグラス/ARグラス/MRゴーグルなど色々な形の提案がありますが……要はメガネ/ヘッドセット型のガジェットを装着することで現実世界の上にデジタル表示を重ねて視認し、両世界をよどみなく行き来しようぜという近未来像。これが実現すると、生活がひじょーーーに楽になります。

200917-0227

説明がちょっと難しいですが、たとえるならあらゆるボタンが押したい時にスッと現れては消えていくような感じです。

200917-0209

いま家にいて、テレビ前のソファーに座ったとしましょう。すると、「テレビを点けますか?」などといった表示が視界にスッと現れるわけです。ここで「はい」のバーチャルボタンを選択すれば、表示が消えていくと同時にテレビが点いて、配信サービスなどのバーチャルボタンが視界に現れるはず。

もし「いいえ」を選択していたたら「部屋を暗くしますか?」などと表示されてスマートライトがたちまちと消え、あなたはスッと仮眠にはいれたことでしょう(安心して寝てOKです、次の予定に合わせて家電が起こしてくれます)。

200917-0214

素晴らしい未来像ですよね。身の回りの家電のボタンやスマホアプリ内のボタンが、押したい時に現れてすぐ消えてくれるんですから。エアコンを点けたいときリモコンを探す必要はないし、外出時もスマホの地図アプリとにらめっこさせられることはなく、「こっちです」と道の上に分かりやすく矢印を表示してくれるはず。

スマホ時代の自分より多くのデジタル機能を使いこなしているのに、ガジェットをいじっている時間が減っているのが大きなポイントです。

で、ここからが本題。この素晴らしい未来像を実現するにはどうすればいいのでしょうか?

ar-ui
ユーザーの環境や文脈を理解→目的を推測し→適応した操作を提示→ユーザーによる操作。

人気VRヘッドセット「Oculus Quest 2」の開発に携わっているFacebook Reality Labsによれば、ユーザーの意図を汲み取れるシステムとしてスマートグラス+AI+EMGリストバンドを組み合わせるのがいいのだそうです。

スマートグラスの役割は、ユーザーの周りの世界をカメラなどのセンサーで読み取って、光学システムでデジタル表示を重ねること。AIの役割は、スマートグラスの読み取った世界とユーザーの行動データから次の行動を予測し、そのシチュエーションに合わせた最適のバーチャルボタンを表示すること。

そしてEMGリストバンドの役割は、ユーザーがバーチャルボタンなどを押すための操作機器として機能すること。スマートグラス時代では、キーボード/マウス/タッチ画面の代わりにEMGリストバンドが入力機器となるそうです。

EMGInteraction

で、このEMGリストバンドがゆるっと神経接続できちゃうらしいんですね。あとリストバンドの震え方とかから複雑な感覚やメッセージなどがユーザーにユルッと伝わっちゃったりとかなんとか。ここからエスパーの話に繋がります。

どういう仕組みかというと、EMGリストバンドは腕の内部で起きている神経活動を読み取ることで、間接的に神経接続できるのだそうです。

たとえば、指を動かしたいときってその旨を伝える信号が脳から出ますよね。それが脊髄や腕の神経を通りながら腕の筋肉に伝わっていき、腕の筋肉が収縮することで指が動きます。EMG(筋電図検査)は、この一連の神経活動のうち、筋肉周りで起きる神経活動を皮膚の上から電極で読み取れるため、(脳に埋め込まないという意味で)お手軽なリストバンド型のガジェットでも擬似的な神経接続が実現できるわけです。

EMGHandTracking-short

その結果Facebook Reality Labsは、EMGリストバンドが検知した腕の神経活動のみを頼りに実際の手の動きをほぼ完璧に読み取ってバーチャルで再現することに成功しました。しかも今では初装着から2分でこの精度の操作ができるというから驚き。

EMGDemoshort

ここまで来たらあとはなんでもござれですね。バーチャルハンドでバーチャルボタンを押すもよし、バーチャルキーボードで文字入力するもよし、VR的なゲームのコントローラーとするもよし。

あと使用中に疲れにくそうなのもとてもイイ。パソコンやスマホを操作する時は特定の画面に目を向ける必要があったので首が疲れ気味でしたが、スマートグラスなら視界そのものが画面として機能します。そしてEMGリストバンドがあれば手元を動かすだけでガジェットを操作できるので、身体をリラックスさせた状態で仕事も遊びもできるようになるはずです。

no-move
通常と違った神経系の使い方なので、トレーニングは必要とのこと。でもこれ習得する価値あると思うんです。

でも一番「これ欲しいぃぃ!」と感じたのは、現実の指を動かすことなくEMGリストバンドにシグナルを送れる機能ですね。体を動かすことなくガジェットを操作できる機能なんて、全世界のグータラ人間は欲しがるに決まっている。

たとえば「テレビを点けますか?」に対する「はい/いいえ」を考えるだけで選択できたり、リストバンドを点けている者同士で「お前もか」とテレパシー的に伝え合えたりできちゃったりするわけです。まさしくエスパーになれちゃうガジェット

ただ、とても便利そうな一方、ユーザーへの情報伝達の大半がスマートグラス頼りなのはちょっと不安に感じます。スマートグラスが付けられないシチュエーションでは、ほとんどの機能が使えなくなっちゃうわけですから。でも案外リストバンドだけでもかなりの情報伝達が可能なんだそうで。

squeez
シンプルな情報を伝えるHaptic Emojiはすぐに感覚を習得できるそうです。ただし差出人や内容のニュアンスといった精細な情報を理解できるようになるまでは習得に時間がかかるそう。

具体的には、リストバンドを震えさせたり締め付けさせたりすることで触覚的にデジタル情報を身体に伝えられるらしいです。その一例として「Haptic Emoji(触覚的絵文字)」が挙げられます。ユーザーに届いたメッセージの重要性/内容/感情などをバイブレーションや指圧に変換し、メッセージの概要をおおまかに伝えられるんだそう。こりゃリストバンドだけでも欲しいですね。

でも残念なことに、Facebook Reality Labsは「これは研究用のプロトタイプ機であり、市場投入は何年も先になるだろう」と言っています。

なんて待ち遠しい!

EMGリストバンド ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい