「I'm a Mac」の俳優、インテルに寝返る

  • 9,948

  • author Joanna Nelius - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
「I'm a Mac」の俳優、インテルに寝返る
Image: Intel/YouTube

戦国時代感。

かつて一斉を風靡した「I'm a Mac, I'm a PC」という擬人化CM。そのMac側を演じていた俳優が、なんと今度はIntel(インテル)のCMに登場しMacをこき下ろしているではありませんか…!

Video: Intel/YouTube

今回微妙な立場に立たされているのは、俳優のJustin Long(ジャスティン・ロング)さん。過去の15年近く前のCMから体型を維持しているのさすがの役者魂といえるでしょう。そして令和の2021年となった今、インテルの代理人として、Windowsラップトップのメリットをアピールしています。

ただしLongさんが語る内容は決して的はずれなものではありません。Windowsラップトップでは2in1などさまざまなスタイルが選択でき、タッチパネルが使え、たくさんのモニターが接続できる、それはそのとおりです。

一方でWindowsラップトップのゲーム性能をアピールしていますが、内蔵グラフィックのみでリッチなゲーム体験ができるかどうかは微妙なところ。また、最近はクラウドゲームサービスによりMacやiOSデバイスでも十分にゲームを楽しめます。

個人的にはLongさんによるWindowラップトップのアピールはそれほど胸に響かなかったのですが…みなさんはこのCMを見てWindowsに乗り換えたくなりましたか?

Source: Intel (YouTube)

    あわせて読みたい