アップルの地図アプリ、リアルタイム混雑情報に対応するかも?

  • author 塚本直樹
アップルの地図アプリ、リアルタイム混雑情報に対応するかも?
Image: charnsitr / Shutterstock.com

まるでGoogle マップのような。

他社のアプリを追いかけるように、着実に機能を増強させているApple(アップル)の地図アプリ。こちらで、リアルタイムな混雑情報の提供が検討されているようです。

iOS 14.5のベータ版では、プライバシー設定の「位置情報サービス」のセクションが更新されており、関心のあるポイントで特定のアプリが開かれた時に、アップルがユーザーからデータを収集し、その場所の混雑度や特定のビジネスが営業するかを判断できると記載しています。

つまり、これはAppleの地図アプリにて、お店の混雑度や営業時間をユーザーに表示できる機能の可能性を示唆しているのです。なお地図アプリにはまだこの表示は組み込まれておらず、iOS 14.5やそれ以降での機能の実装が予定されているのかもしれません。

このような混雑情報の表示は、Google マップではすでにおなじみの機能です。人気のお店が混み合っていない時間を見つけるのに、この機能って便利なんですよね。アップルの地図アプリにも、はやくこの機能が実装されて欲しいものです。

Source: MacRumors

    あわせて読みたい