ようやく?iPhone 13では画面内Touch IDの搭載が実現するかも

  • 11,797

  • author 塚本直樹
ようやく?iPhone 13では画面内Touch IDの搭載が実現するかも
Image: BongkarnGraphic/Shutterstock.com

画面でピッとしたい。

iPhoneから指紋認証機能がなくなって久しいですが、iPhone 13(仮、今年発表されるであろうiPhone)ではとうとうその指紋認証機能「Touch ID」が画面に内蔵されるかもしれません。

バークレイズのAndrew Gardiner(アンドリュー・ガーディナー)アナリストによると、iPhone 13(仮)には生体認証機能として、これまでの顔認証機能「Face ID」とTouch IDがダブルで搭載される、とのこと。

Face IDとTouch IDにはそれぞれメリット・デメリットがあります。例えば手が濡れていたりグローブをしている状況では、顔認証によるFace IDが威力を発揮します。一方でマスクを装着していたり画面を見ないでロックを解除したいときには、Touch IDの方が便利でしょう。

その他にもレポートでは、iPhone 13(仮)のノッチが小さくなることを報告しています。どう言い訳しようとノッチは画面表示の妨げとなりますから、これは嬉しい予兆。さらに2022年には、Face IDシステムにより大きな変化がある可能性も指摘しています。また、背面カメラのLiDARスキャナは今年もProモデル限定となるようです。

ということで、どちらかというとメジャーアップデートというよりはマイナーアップデートとなりそうなiPhone 13(仮)。ただTouch IDの復活は、ユーザーの利便性を大いに向上させてくれそうです。

Source: MacRumors

    あわせて読みたい