iPhoneの5GモデムがApple製になるみたい。2023年だけど

  • 5,403

  • author 小暮ひさのり
iPhoneの5GモデムがApple製になるみたい。2023年だけど
Image: Apple

再来年…、iPhone 14かな?

昨年からAppleが自社モデムを開発しているという報告もありましたが、その続報です。Barclaysのアナリストたちの報告によると、Apple独自の5Gモデムは2023年のiPhoneでデビューする可能性が高いとのこと。

え?今って自社チップじゃないの?

って思うかもしれませんが、そうなんです。現行のiPhoneのSoC(Apple Aシリーズプロセッサ)は自社開発のチップですけど、通信モデムはQualcommの5Gモデムチップ(iPhone 12では「Qualcomm Snapdragon X55」)を利用しているんです。

AppleとQualcommが正式に和解。5G対応iPhoneに向けてひと安心?

長い戦いが終わりました。Apple(アップル)は本日、Qualcomm(クアルコム)との間に存在するすべての訴訟を取り下げ和解すると発表しました。...

https://www.gizmodo.jp/2019/04/apple-qualcomm.html

ただ、このQualcommとの間には訴訟→和解という紆余曲折があり、Apple的には5G対応のための苦肉のシェイクハンドとも言えます。他社製モデムチップを使うとなると、当然ライセンス利用料がかかるし、チップの供給や開発スケジュールも影響されてしまうので、Apple的にはやはり独自でまかなえるならそれがベストなんですよね。

そのため、Appleは2019年にはIntelのスマホ向けモデム事業を買収。2020年からは自社モデムの開発を進めているとの報道もありました。OSからハードまで垂直に繋がっているiPhoneです。自社チップ化されるとなれば、さらに高速化・安定化・低電力化されそうな期待がありますよね。

当初は、このApple製5Gモデムは2025年登場という噂で、えらい先だな!と感じたもんですけど、2023年ならまぁ…待てるかな。そのころには5Gも浸透してそうだしね!

Source: MacRumors

    あわせて読みたい