億いきそう。「ジョニー・アイブが手がけたプロトタイプ・ライカ」が競売に登場

  • 10,867

  • author 岡本玄介
億いきそう。「ジョニー・アイブが手がけたプロトタイプ・ライカ」が競売に登場
Image: Leitz Photographica Auction

レンズに刻まれた数字すら排除したシンプリシティー。

6月12日にウィーンで行われる、世界最大級のカメラの競売Leitz Photographica Auctionが38回目を迎え、そこに元Appleのジョナサン・アイブとマーク・ニューソンが作ったライカの試作品が出品されます。

210323_leica2
Image: Leitz Photographica Auction

このカメラはアルミ製のボディーで、レフ板の如く輝きます。レンズはライカの「アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH」が使われますが、本来あるはずの数字や記号、はたまた指で回転しやすくさせるギザギザもなく、ツルっとしているのも目を引きます。

今回のカタログの表紙にもなっていることから、どれほどの目玉商品なのかが見て取れますね。

かつては2億円近くで落札されたことも

実はこのカメラ、2013年に行われたエイズ撲滅基金の (RED)チャリティーオークションにて、約1億9,600万円で落札されたことがある超絶レアな逸品だったりします。世界的に有名なデザイナーふたりによる最終段階のプロトタイプなので大変希少なコレクターズアイテムなのです。

とはいえ、公式サイトでは競売の開始価格が約1,300万円で、推定落札価格が約2,600万~3,250万円とあります。でも実際はもっと行くでしょうね。

個人で入札する人だってもちろんいるでしょうけども、カメラやコンピューター関係の企業がゲットする可能性もあります。一体誰の手に渡るのか、気になるところです。

Source: Instagram via Leitz Photographica Auction via uncrate

    あわせて読みたい