香り豊かな味わいを! オーク材生まれの温もりを感じるキューブ型ウイスキータンブラーが登場

  • 7,662

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author Haruki Matsumoto
香り豊かな味わいを! オーク材生まれの温もりを感じるキューブ型ウイスキータンブラーが登場
Image: FARCA Inc.

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

オークの香りで家飲みをランクアップ。

コロナ禍も気づけば早1年が経過し、外食も以前のようにはできないでいる昨今。筆者も自宅でしっぽり晩酌が当たり前になったのですが正直なところマンネリ化は否めません…。

同じ気持ちの方も多いと思いますので、今回はお家飲みをちょっと贅沢にしてくれる「MijMojオークタンブラー 」をご紹介。

熟成樽にも使用されるオーク材生まれで、キューブ状のデザインがユニークかつオシャレなウイスキー用タンブラーとなっていますので、早速詳細をチェックしてみましょう。

Video: J. D-Trading/YouTube

ハンドメイドで温もりある一杯を

-03
Image: FARCA LLC

「 MijMojオークタンブラー 」は有名ウイスキーブランドが集う英国からやってきたオーク製タンブラー

製品はすべて職人の手作業によって仕上げられているとのことで、表情豊かな木目から温かみも感じられますね。

DSC_9296
Image: FARCA LLC

馴染みのある円筒形グラスと違い、四角く削り出された形状が特長的

日本酒も四角い枡で香りや風情を楽しみながら飲むこともあるので、それに近い感じなのかもしれませんね!

DSC_9118
Image: FARCA LLC

円筒形状のグラスに比べ持ちにくそうな印象ですが、丸く加工された角によって手に馴染む設計となっているとのことです。

またガラスや金属より断熱性が高いため、手の熱が中身に影響しにくい結露しにくいなども特徴の1つとなっているようですよ。

上質なスパニッシュオークが採用されているとのこと。

anthony-riera-X_hhEIAACZo-unsplash
Image: FARCA LLC

ウイスキーやワインラバーの皆さんには釈迦に説法ですが、オーク材はウイスキーやワインの熟成樽に使用されることでも有名な素材。

その中でもこの「 MijMojオークタンブラー 」には上質なスパニッシュオークが採用されているとのこと。

1613612960279
Image: FARCA LLC

スパニッシュオークは、広く用いられているアメリカンオークと比べると短期間で風味や味わいに変化が現れるそうです。

例えば、シングルモルトのロールスロイスとも呼ばれ、高い人気を誇るスコッチウイスキーのザ・マッカランにもスパニッシュオーク製の樽が使われている、という情報を聞くだけでも試してみたくなりませんか?

DSC_9110
Image: FARCA LLC

本製品も注いでから約3分と短い時間でオーク独特の香りが立ってくるとのこと。

またタンブラー全体がオーク素材なため香りをダイレクトに感じることができるんだそうです。お手頃な価格のウイスキーも、数段レベルアップするかもしれませんね!

使い込むほど自分好みの風合いに

1
Image: FARCA LLC

天然素材のため、クリーム(油分)などでメンテナンスが必要であることはお忘れなく。

面倒に感じるかもしれませんが、日々のお手入れで自分色のタンブラーに育っていくと考えればそれもまた楽しみかもしれません。

DSC_9155
Image: FARCA LLC

付属のクリームには蜜蝋が配合されており、塗り込むほどに上質な艶とほのかに甘い香りがプラスされていくんだとか。

117719688_3004964999600741_1287785133155213192_o
Image: FARCA LLC

また有料オプションになりますが、お好きなアルファベットと数字を最大20文字まで刻印可能です。

名前を入れて、友人や大切な人へのオンリーワンなプレゼントとしても良いかと思います。


スパニッシュオーク生まれの木目が美しい「 MijMojオークタンブラー 」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを開始中。執筆時点では、販売予定価格から2,010円OFFの9,990円(税・送料込)からオーダー可能でした。

自分色に育てる一生モノのタンブラーで、一味違う晩酌を楽しんでみてはいかがでしょうか? 気になった方は以下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

>>本場イギリスの贅沢すぎる無垢オークタンブラーの詳細はこちら!

Source: machi-ya, YouTube

    あわせて読みたい