SFのテクノロジーが実現されそう。マイクロソフト、仮想空間を進化させる「Microsoft Mesh」を発表

  • 6,539

  • author Sam Rutherford ‐ Gizmodo US
  • [原文]
  • mayumine
SFのテクノロジーが実現されそう。マイクロソフト、仮想空間を進化させる「Microsoft Mesh」を発表
Image: Microsoft

SF映画でしか成立しないと思ってたテクノロジーが現実になりつつあります。マイクロソフトの手によって。

3月2日(米国現地時間)、マイクロソフトは開発者カンファレンス「Microsoft Ignite 2021」で、MR(複合現実)アプリ開発プラットフォーム「Microsoft Mesh」を発表しました。

Meshは、Microsoft Azureのクラウドプラットフォーム上に構築され、Hololensのほか、既存のVRヘッドセットやスマートフォンなど様々なデバイスをサポートし、現在のオンライン作業ツール(共有ドキュメントやメール、TeamsやSlackなどのメッセージングアプリ、オンライン会議アプリなど)の進化に向けた未来のビジョンを示しています。

リモートワーク体験をARとVRの力でアップグレード

Meshはデータ、3Dモデル、アバターなどを共有バーチャル環境に展開可能です。マイクロソフトは「ホロポーテーション」と呼ばれるものを計画していて、従来のリモートワーク体験をARとVRの力でアップグレードしようとしています。Meshデバイス上で、写真のようにリアルなデジタルアバターを作成することができて、世界中のどこにいても仮想空間に現れることができるようにするというものです。

さらに、アイトラッキングや顔追跡(Face Tracking)などを活用することで、仮想空間上でのコラボレーションにさらなるレベルの没入感とリアリティを加えていきたいとしています。「ホロポーテーション」は、表情やアイコンタクトまで再現し、さらに外向きカメラとオブジェクトトラッキングを使用することで、人々が様々なMR(複合現実)環境で、より自然に仮想オブジェクトを共有したり会話することができるようになります。はやくみんなで「ホロポーテーション」してみたいですね。

マイクロソフトは「Microsoft Mesh により地理的に離れたチームがより協力的なミーティングすることも可能となるほか、バーチャルデザインセッションの実施や人の支援、共同学習、バーチャルなソーシャル会合の開催もできるようになります。参加者はこの共有型バーチャル体験の中でまずアバターとして自己表現し、時間が経てばホロポーテーションを利用して現実の姿に最も近い写真のようなリアルな自分の姿を映し出すようになる」と話しています。

Meshのプレゼンテーションの中で、リアル空間に車の3Dモデルを投影する機能を実演しました。エンジニアはこれにより、共有された仮想空間で実物大のARレンダリングを表示することができます。Microsoft TeamsやDynamic 365に統合していく具体的なスケジュールについては発表されませんでしたが、将来的にはエンタープライズコラボレーションソフトウェアに、Mesh対応アプリのサポートを追加する計画を立てています。

「Pokemon Go」の実証実験デモを披露

マイクロソフトがMeshで実現したいのは未来のリモートワークだけではありません。IgniteカンファレンスではNianticとOceanXと提携して、ゲームや教育的な体験がMeshでどのように表現できるか「Pokemon Go」の実証実験デモも披露しました。

このデモにも登場しているマイクロソフトのテクニカルフェローで「HoloLensの父」である、アレックス・キップマン (Alex Kipman) 氏は、「これは複合現実を生み出した初期の頃から描いていた夢のアイデアです。実際にコンテンツを共有している人と同じ場所にいるような感覚になれますし、別の複合現実デバイスからテレポートして物理的には側にいない人と一緒にいることもできます」と話しています。

Meshの可能性は、マイクロソフトがこれらのコンセプトをどのように現実のものにするかにかかっていますが、今回紹介されたデモの数々は日常生活に浸透するまでしばらくは時間がかかるでしょう。現在、Hololens用Microsoft Meshアプリのプレビュー版がダウンロードできるようになっていて、ユーザーはリモートでの共同作業が可能になります。さらにバーチャル会議や集会のホストをサポートするAltspaceVRの新バージョンの一部として提供されています。

FacebookやAppleなど多くの企業が同じようなことを計画していますが、壮大な共有バーチャル空間の創造は次世代の技術競争のひとつになるかもしれません。

    あわせて読みたい