360Hzディスプレイ・効率的な冷却を体験せよ。Razer Blade 最新モデルが日本上陸へ

  • 5,375

  • author 塚本直樹
360Hzディスプレイ・効率的な冷却を体験せよ。Razer Blade 最新モデルが日本上陸へ
Image: RAZER

速すぎる…。

ゲーミングラップトップ業界のブランド品ともいえる、Razer最新/最強モデル「Razer Blade 15 Advanced」。こちらの2021年モデルの日本投入が案内されています。

Razer Blade 15 Advancedの最大の特徴は、なんと行っても最大360Hz/FHD解像度、あるいは240Hz(G-SYNC)/QHD解像度のディスプレイが選択できること。ゲーミングモニター顔負けのスペックにより、さらにライバルを圧倒するパフォーマンスが発揮できることでしょう。

スペックももちろん最上級で、第10世代Core i7-10875HにGeForce RTX 3080/3070が組み合わされます。RAM容量は16GB/32GBで内蔵ストレージは1TB SSDと、こちらもスキのない構成です。

これらのパワフルなシステムを冷やしてくれるのが、Advancedモデル専用の「ベーパーチャンバー」システム。内部の液体の蒸発と結露で、効率よく熱を外部へと逃します。またゲーミングラップトップらしく、キー単位でRGB発光をカスタムすることが可能です。

Razer Blade 15 Advancedの価格は240Hz画面モデルが29万9818円(税別)から、360Hz画面モデルが30万8909円から(税別)で、今年の春に販売予定。デスクトップ向けGPUがとにかく購入できない今、サクッと最強ゲーミングラップトップを買ってしまうのもありかもしれません。

Image: RAZER

Source: RAZER (1, 2)

    あわせて読みたい