Lumi Keysレビュー:本格的なピアノがなくても、楽しく曲を弾けるようにしてくれる1台!

  • 11,595

Lumi Keysレビュー:本格的なピアノがなくても、楽しく曲を弾けるようにしてくれる1台!
Photo: Catie Keck/Gizmodo US

楽譜が苦手な人も、家に置く場所がない人も、ピアノは高価だからと諦めていた人も…。

クラファン当時から気になっていたという方、お待たせしました!光る電子キーボードを使いながらピアノの基礎を楽しく学べるという、Roliの「Lumi Keys」を米Gizmodoがレビューしています。


Lumiは、ものすごくお手頃な価格で通常のピアノの代わりになる…というわけではありません。長さ約30センチ弱(ノートパソコンと同じくらい)のミニチュアキーボードなので、これ1台で本格的にピアノを弾けるようになる…というわけでもありません。

でも、そんなLumiにも長所がたくさんあって、ピアノの先生の代わりにアプリがひとつひとつ基礎から教えてくれるので、初心者がピアノで曲を弾くにはピッタリです。

210311LumiKeys2
Photo: Catie Keck/Gizmodo US

Lumi Keys

これは何?:高度なアプリに対応した光るミニキーボード。

いくら?:299ドル(約3万2600円)。

好きなところ:ピアノの基礎を簡単に学べる。レッスンについていきやすい。

好きじゃないところ:サイズが小さめ。もっと本格的に弾けるようになるには追加デバイスを買い足すか、通常のピアノを買うべき。



ゲーム感覚で弾けるのが楽しい

Lumi Keysの入門的コースを数回ほどやってみただけで、幼少時代にピアノを弾いていたころの感覚を思い出しました。それに、鍵盤が光ることや点数を稼ぐシステムによって、昔やっていた楽器を"習い直す"というよりは、新しいゲームに挑戦しているような感じがするので楽しいです。

Lumiは一度の充電(USB-Cポート)で最大6時間稼働します。記事執筆時点では、「Lumi Library」の有料プレミアム会員限定Lumi Completeを12カ月間利用できる50ドルのクーポンが含まれています。アプリでのレッスンには、iOSあるいはAndroidのアプリをスマホやタブレットにダウンロードする必要があります。パソコンには非対応なので、小さな画面を見なくてはならないのが少し惜しいところ(ちなみに、楽曲作りに使える「Lumi Keys Studio Edition」のほうはmacOSに対応)。

デジタルならではの長所にも注目!

アプリと鍵盤はBluetooth経由で接続できます。たとえばiPhoneにイヤフォンを接続しておけば、周りに音を聴かれることなく演奏できるのもポイント。これは通常のピアノではできない部分なので、Lumiの長所のひとつといえるかもしれません。

もうひとつLumiでの嬉しい機能としては、鍵盤の光るを調整できること。光るレインボーカラーがあまり好みではないという人は単色にしたり、普通のピアノのように白と黒の鍵盤に設定できるほか、ナイトモードとして鍵盤を暗くしたりするということも可能です。オクターブや打鍵の感度も調整できるようになっています。

レッスンの序盤は、3本指で弾くところから始まり、タイミングの計り方や正確に弾くことなどが実践的に学べます。難易度は徐々に上がりますが、基本的にはどのタイミングでもレッスン構成から離れて、自由にポップやクラシックなどの楽曲に挑戦できます。全体的に、レッスンはうまく構造化されているなぁ、という印象です。

210311LumiKeys
Screenshot: Lumi

ゲームで遊びながら弾けるようになる

私の指はまごつきやすく、よく曲のテンポよりも遅れてしまうのですが、アプリではタイミングによって「グッド」「パーフェクト」「遅め」などと出来具合を教えてくれます。

何千年も前にピアノを弾いたことがある身ではありますが、やはりLumiと通常のピアノとで鍵盤が若干違うのは感じています。鍵盤を確実に押したはずがアプリでは認識されていないという不具合もありますが、だからといって決定的にもういやだ…みたいな感情は今のところありません。ちょっとイライラするくらいです。

ピアノを"学びながら遊ぶ"という点でいえば、アプリに最近追加されたゲームバージョンに、Calvin Harrisの『Feel So Close 』などポップな楽曲の音符に合わせて崖から崖へと飛び移る、というものがあります。普段からよく聴いている曲ばかり...というわけではないけれど、自己ベスト記録を更新するたびになんだか演奏や音符の読みが上達しているなという実感は得られます(それに純粋にゲームが楽しくてハマっています!)。

もちろん、Lumiを使えばピアノが弾けるようになるというわけではないです。たとえばLumiを2〜3台追加で組み足したらもうちょっと本格化できるのかもしれませんが、出費的には通常のピアノを同時に検討するのも良いのかなと思っています。ただ、ピアノの基礎を身につけたい人、とにかく曲を弾けるようになりたい人、おうち時間に動画をみるのに飽きて何か新しい趣味を探していた人には、Lumiは良い相棒になりそうです。

    あわせて読みたい