手首で「ピピッ」と支払えるってすごく楽! Suica対応「Fitbit Charge4」体験記

  • 16,470

  • author 中川真知子
手首で「ピピッ」と支払えるってすごく楽! Suica対応「Fitbit Charge4」体験記
Photo:中川真知子

FitbitからSuica対応の「Fitbit Charge4」が発売されました。

Fitbitは、去年からFitbit Payのサービスを開始していましたが、非接触型決済を使うためにはソニー銀行のVisaデビット付きのキャッシュカード「Sony Bank WALLET」を持つ必要があるんですよね。

個人的にはFitbit Payを使うためだけに専用の口座を開くのはちょっと…。でも、Apple Watchの「ピッ」はむちゃくちゃ便利だと聞いていました。なにせ、私の知り合いには、Apple WatchのSuicaで改札を通るのが楽すぎて、スマホの定期を使うのを拒否している人もいるくらい。

ついこの間、PASMOがiPhoneにようやく対応して喜んでいた私にとっては未知の快適さなはず。ぜひ体験してみたい…、でも私はFitbitユーザー…、とマイルドにうむむむむしていたところに、「FitbitがSuica対応しますよ。」のニュースが!

これは興奮する! ついに、私もスマートウォッチの超スマートな機能を経験するチャンス到来〜!

ということで、さっそくSuica対応「Fitbit Charge4」で「お財布もスマホも持たずに散歩して、コンビニで何か買う」というのを経験してきましたよ。

Fitbit Charge4(Suica対応)

DSC05230
Photo:中川真知子

これは何?:Suicaに対応したスマートウォッチ

いくら?:1万8173円

好きなところ:スマホなしでもお買い物ができて電車に乗れる

好きじゃないところ:オートチャージ対応お願いします

これまで、エクササイズするなら水筒が欠かせませんでしたが、Suica対応の自動販売機やコンビニエンスストアなら「Fitbit Charge4」をかざすだけで支払えるはず。

とういわけで、Suica対応「Fitbit Charge4」とカメラだけもって外出してきましょう。

Untitledpresentation(8)-1
Photo:中川真知子

コンビニに到着したので、早速カフェオレを買ってみることにしましょう。

ウォッチで支払いをするのは初めてなので、ドキドキします。

そのままかざしてみても反応せず焦りましたが、それはフェイスの左サイドを長押ししてウォレットを起動させていなかったから。そのことに気づいてからは比較的スムーズでした。

(追記:後日、左サイドを押さずとも決済ができることに気づきました。初回だけ起動が必要だった...? Fitbitによると設定さえ終えれば起動は必要ないそうです。)

IMG_6637-1
Photo:中川真知子

ちょっともたつきましたが、優しく丁寧なコンビニ店員さんのアシストもあり、無事に「ピッ! 」ができました。

というわけで、カフェラテをいれましょう。

Untitledpresentation(7)-1
Photo:中川真知子

支払いをすると、残金が表示されました。私は1000円入金して、150円のカフェラテを買ったので、残金は850円なり。

支払ったあとに気づいたのですが、スマホや財布がない=ポイントカードを出せないということなんですね。なので、Suica対応「Fitbit Charge4」で支払う時は少額の買い物にしておこうと思いました。3000円とか使ってポイントもらい損ねるとツラい…。

お次に「スマウォで改札を通る」をやってみました。

うん、スムーズです。スマホをポケットから出す必要もなければ、カバンの中を弄る必要も無い。アミューズメントパークや健康ランドのリストバンドで色々できちゃう感じ。うわ、開放感…。

不便さがあるとしたら、オートチャージにはしていないので、定期的にチャージする必要があることと、改札を通る時にスマウォをつけている左手を右側に思い切り伸ばさないといけないことくらい。

IMG_6636-1
Photo:中川真知子

チャージに関しては、Google Payを介して1度に1000円から5000円までチャージすることが可能です。残金不足が心配なら、5000円くらい入れておくといいかも(改札横のチャージ機を使えば5000円を超えるチャージもできるそうです)。

まだ私がどのスマウォを買おうか悩んでいた時、編集部の誰かが「Apple Watchで買い物できるのは便利ですよ。ちょっとくらいならスマホフリーで出歩けますし。」って言ったんですよね。

その時の言葉がずーっと頭の片隅にあったのですが、こういうことかー、とやっとわかりました。

この楽さは、子どもが小さかった頃に味わいたかった。子どもと荷物を抱えててんてこまいの時に、改札を通ったり、コンビニで牛乳とか買わないといけないシチュエーションに、財布も出さずにスマウォを「ピッ」できたら、どんなに助かったでしょう。

というわけで、今回はSuica対応「Fitbit Charge4」のSuica機能を使ってみました。私はスマウォで支払うのが初めてだったわけですが、大満足な経験でした。スマホを持ち歩く必要がないので、なんの通知もこないのが良い。改めて、スマホが好きな一方でスマホに縛られているんだなぁと実感しました。

Apple Watchユーザーには一般的な機能だと思いますが、Fitbitユーザーにとっては新体験。ぜひ便利さを楽しんで欲しいですね。

訂正[2021/03/30]記事初出時、「決済前に暗証番号を入力する」とありましたが、Fitbitから「とくに入力しなくても決済はできる」との指摘をいただきました。謹んで訂正いたします。
Source: Fitbit
Photo:中川真知子

Suica対応Fitbit Charge4 ほしい?

  • 0
  • 0
Fitbit

シェアする

    あわせて読みたい