あの元米国大統領がSNSに帰ってくる?

  • author Alyse Stanley - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
あの元米国大統領がSNSに帰ってくる?
Image: Joe Raedle/Gettyimages

混乱が起きないといいけど…。

ドナルド・トランプ前大統領「自身のプラットフォーム」でソーシャルメディアに復帰する計画だと、同大統領のアドバイザーが先週日曜日に語りました。

トランプ元大統領の上級顧問であるJason Miller(ジェイソン・ミラー)氏はFox Newsとのインタビューで、このプラットフォームは今後2〜3カ月のうちに稼動すると語っています。

「これは、ソーシャルメディアで最もホットなチケットになると思いますし、ゲームを完全に再定義するでしょう。そして、トランプ元大統領が何をするのかを正確に知ることになります」

Miller氏は現時点では具体的な内容を述べることはできないとしながらも、トランプ元大統領はこの新規事業に関して「多数の企業」からアプローチを受けており、彼のリゾート地であるマール・ア・ラーゴで複数のチームと「パワフルな会議」を行なっているとしています。

「この新しいプラットフォームは大きなものになるでしょう」とMiller氏はつけくわえ、「何千万人もの人々」を引き付けるだろうと予測しました。なお、トランプ元大統領が自分でプラットフォームを作るのか、あるいは他の会社と協力して作るのか質問には、詳細を語っていません。

「この新しいプラットフォームは大きなものになり、大統領がどの方向に向かおうとしているのか分かり、誰もが彼を欲しがり、何百万人、何千万人もの人々がこの新しいプラットフォームに集まることになるでしょう」

トランプ元大統領は支持者が国会議事堂を包囲した際に暴力を扇動したとして、1月以降はFacebook(フェイスブック)Twitter(ツイッター)など複数のソーシャルメディアから無期限にアカウントが停止されています。なお、Twitterのフォロワーは8000万人を超えていました。Washington Postが引用したソーシャル分析会社ことZignal Labのデータによると、トランプ元大統領へのTwitterでの禁止措置の翌週、複数のソーシャルメディアでの選挙不正に関する誤った情報は250万件から68万8000件へと約73%減少したとしています。

    あわせて読みたい