ツイート前に5秒間、冷静になれます。Twitterが「送信とりやめ機能」を検討中か

  • author 塚本直樹
ツイート前に5秒間、冷静になれます。Twitterが「送信とりやめ機能」を検討中か
Image: Jane Manchun Wong/Twitter

助かる瞬間はありそう。

Twitterは「送信の取りやめ」機能を検討しているようです。Jane Manchun Wongさんが「Twitterが開発中」というコメント付きで公開した動画では、ツイートの送信済み画面「Undo(やり直し)」という5秒ほどの間だけ押せるスライダーが確認できます。ここをポチれば、送信したツイートが取りやめられる…はずです。

このような送信の取りやめ機能は、Gmailにも実装されています。メールの送信直後に内容の間違いに気づいた、あるいは送る相手の間違いに気づいたときなど、便利な機能です。一方でツイートの取りやめ機能は、頭に血が上って送ろうとしたメッセージを引っ込めるのに便利そうです。投稿済みのツイートを後から編集できる機能のほうが使い勝手はいい気はしますが。

収益化システムの「Super Follow」を導入するなど、大きくその方向性を変えようとしているTwitter。送信の取りやめ機能もその一環、なのでしょうか。

Source: The Verge

    あわせて読みたい