【提案】USBハブやめて「電源つきUSBドック」を使おうぜ!

  • 28,458

  • Buy
  • author 編集部
【提案】USBハブやめて「電源つきUSBドック」を使おうぜ!
Image: ギズモード・ジャパン/YouTube

USBハブが、ポートを増やす最適解だと思っている君へ。

リモートワークがスタンダードになり、家のデスク環境の重要性を身に染みて感じた1年。サブディスプレイや会議用マイクなど周辺機器が増えると、ノートPCの少ないポートでは限界です。そこで大活躍してくれるのが、USBハブ。

ん? ちょっと待った! 本当にあなたのUSBハブは“大”活躍してくれているのでしょうか……。手軽に買えて持ち運びに便利だけれど、それは果たして“本当にベストなデスク環境”なのか…?

この動画では、USBハブよりもずっとスマートな「電源つきUSBドック」を紹介しています。

Video: ギズモード・ジャパン/YouTube

まずUSBハブって、ハブから四方八方に延びるケーブルたちがちょっとダサい。まあ見た目くらいならどうでもいいと割り切れそうですが、電力を大量に必要とするハードディスクなどをいくつか同時接続すると、接続が切れてしまうことも。

そこでオススメしたいのが、電源つきUSBドックなんです。USB-Cケーブル1本で、モニターやマイクもつなげられるうえに、PCへの電源供給もできるのでデスクがすっきり。そして、ACアダプターの電源が別についているので、給電に困ることもありません。ポートの数も充分。

ただしその反面、ACアダプターが巨大で持ち運びには不向きな点や、高価格な点には注意が必要です。

また、そこまでポート数を必要としない方や、家以外の作業スペースを頻繁に利用するという方には、持ち運べるUSBドック機能の付いたハブが便利でしょう。ポート数は最低限ですが、こちらもPCを充電しながら、ハブ経由で周辺機器を接続できます。重いACアダプターを持ち運ばなくてはいけないUSBドックよりもずっとコンパクトなのが魅力的です。

ギズモード・ジャパンのYouTubeチャンネルはこちらから。チャンネル登録もよろしくお願いします!

    あわせて読みたい