目指せドン勝。ゲームにも強いシャオミの「Redmi Note 10」シリーズは199ドルから

  • 22,200

  • author 武者良太
目指せドン勝。ゲームにも強いシャオミの「Redmi Note 10」シリーズは199ドルから
Image: Xiaomi

5G対応機でも199ドルですよ。

スマートフォンにも春がやってきました。シャオミがミドルレンジファミリーとして発表したRedmi Note 10シリーズは4機構成。豊作です。選び放題です。

1億画素越えカメラを載せたRedmi Note 10 Pro

k6-1
Image: Xiaomi

スマートフォンのカメラに1億超えの画素数って必要なのか、と悩む方もいるでしょうが、それだけのスペックのカメラを搭載したモデルが279ドル(約3万円)からと聞いたら興味もわくでしょう。

Redmi Note 10 Pro」に搭載されるカメラは1億800万画素の広角カメラ、800万画素の超広角カメラ、500万画素のマクロカメラ、200万画素の深度センサーに、1,600万画素のインカメラ。5万円台のMi Note 10のカメラ性能に近づけてきました。

ディスプレイは6.67インチの有機EL・FHD+。6/8GBメモリ、64/128GBストレージ。バッテリーは 5,020mAhです。

コイツが同シリーズのハイエンドモデルとなりますが、SoCはSnapdragon 732Gですからね。あくまで、ミドルレンジの枠のなかでのスゲースマホ。といっても、よほどのことをしなければコレに不満を覚える人はいないはず...いや、1億超えの写真の処理能力はちと怪しいかな?

Redmi Note 10Sと10。ともにスタンダードだが10にはNFCがない

Lark20210304-204009
Image: Xiaomi

Redmi Note 10S」と「Redmi Note 10」の違いはアウトカメラまわりとSoC、メモリとストレージ。カラバリも違いますが、6.43インチ有機EL・FHD+のディスプレイやインカメラ(1,300万画素)、バッテリー(5,000mAh)、サイズと重さは同じなので、見た目はそっくりです。

229ドル(約2万5000円)からのRedmi Note 10Sは6,400万画素の広角カメラ、800万画素の超広角カメラ、ともに200万画素のマクロカメラ・深度センサー。SoCはHelio G95で、6/8GBメモリ、64/128GBストレージです。

199ドル(約2万1600円)からのRedmi Note 10は4,800万画素の広角カメラのほかはRedmi Note 10Sと同じ。SoCは Snapdragon 678 で、4/8GBメモリ、64/128GBストレージです。

絶妙な、差をつけてきました。そうだ忘れてた、Redmi Note 10にはNFCがありません。ここで選ぶ人、多そう。

Redmi Note 10 5Gは唯一の5G対応機

k19
Image: Xiaomi

ローエンド向けSoCのDimensity 700で動く「Redmi Note 10 5G」は、名前からわかるように5G対応機です。というか、このモデル以外はすべて4Gまで。

5G対応スマホをできるだけ安く買いたい、という方を見越しているのでしょうか。サービスやアプリの開発者のような。だって安いんですよ。Redmi Note 10と同じく199ドル(約2万1600円)からですから。

ディスプレイは6.5インチ・ FHD+で、アウトカメラは4,800万画素の広角カメラ、200万画素のマクロカメラ、200万画素の深度センサーで、インカメラは800万画素です。

New-Online-KV_PUBG-1024x512
Image: Xiaomi

なおPUBG MOBILEのオフィシャルパートナーであるシャオミは、Redmi Note 10全機でドン勝を目指せるとアピールしています。そういえば公式ブログでは"Redmi Note 10 5GのGはゲームのGだ"みたいなことも書いていました。

Redmi Note 10 PRO、Redmi Note 10S以外は低解像度設定となるでしょうけど、負荷のかかりやすい3Dゲームも遊べますよという推し方は好きです、大好き。勝率よりコミュニケーション重視でゲームにログインしたいみなさまもターゲットとしているのでしょうね。

Source: Xiaomi

    あわせて読みたい