布団は敷いたまま干すのが合理的。布団乾燥機を1カ月間使ってみた

  • 54,528

  • author 山田ちとら
布団は敷いたまま干すのが合理的。布団乾燥機を1カ月間使ってみた
Photo: 山田ちとら

布団の天日干し、いつからサボってたっけ?

重たい布団をベランダまで運んで、干して、ひっくり返すのが、とにかく面倒くさいんですよね。でも布団に湿気がたまってカビやダニの温床になっちゃうのだけはなんとしても避けたい。そんな時、「布団乾燥機、めっちゃいいよ」というギズの中の人たちの言葉にハッとしました。布団って外に干さなくてもいいんだ!

そこで、今まで布団乾燥機というものに縁がなかったわたしが、1カ月間象印の布団乾燥機を使ってみたところ、手間なし・応用力高め・コンパクトサイズの三拍子が揃ったオススメ商品だと思いました。

なぜ布団乾燥機を使い始めたか

象印マホービン株式会社の「スマートドライふとん乾燥機(RF-FA20-HA)」。新型です

裏を返せば、なぜ今まで布団乾燥機を使わなかったのか。

あくまで個人的な話ですが、転勤族だった父に連れられて6軒の家を渡り歩き、これまた転勤族の夫と引っ越しを繰り返す中で、必要最低限の家電しか所有しない生活が身に染みついたんだと思います。

そりゃ、布団乾燥機がなくたって生きてはいけます。でもですよ、家族が増えるたびに布団の枚数とそれを干す労力は重なっていくわけです。ついでに今住んでいる家のベランダは狭いし道路に面してるしで、布団を干すのに適した環境とは言い難いものがあります。

それを口実に、布団はベッドに敷きっぱなし!の生活がここ数年続いていて、せいぜい季節の変わり目ぐらいにしか干してませんでした。ところが、息子が花粉とハウスダストに弱い体質なので、寝具を清潔に保つことは必須。罪悪感と共に布団の湿気がジワジワと溜まりつつあり、かなり焦ってました。

布団の匂いが変わった

そこで、満を持して象印の布団乾燥機に登場してもらいました。

布団マットやホースはついていなくて、ノズルがガバッ!と大胆に開きます

使用時はノズルを全開にした状態で敷布団の上に寝そべらせて、

掛け布団をかぶせてコースを選び、運転スタート。たったこれだけで、布団を乾かしたり温めたりできます。

しっかり乾燥」機能を使ってみて感じたのは、布団がふわっふわに軽くなって、匂いまで変わったこと。お日さまの匂い〜とまではいかないにしても、カラッとした清潔な匂いに変わっていてびっくりしました。毎日使っている布団がどれだけ湿気を溜めこんでいたかを思い知らされ、もっと前から布団乾燥機を導入しておけばよかった!と後悔すら感じました。

また、何日か寒い夜が続いたので、寝る前に掛け布団を50分間温めてみました。ベッドに入ったとたん、お風呂に浸かっているかのような心地よいぬくもりに全身が包みこまれ…、もうさいこうすぎ!!

これまでは湯船で温まりつつも寝落ちしてしまい、逆に体を冷やすことが多かったのですが、布団を温めておけばぬくもりに包まれながら朝までグッスリ。「足のほうが温まっているのはうれしい」と子どもたちにも大好評でした。そうですよね、足元がひんやりしてるとなかなか寝つけないですしね。

小さい子どもがいても安心

ところで、乾燥中・あるいは温め中に布団が操作部にちょっとでも掛かると、「ふとん検知センサー」が作動してブザー音が鳴り、ただちに運転停止します。一度、子ども部屋で布団を温めつつその場を離れていた際に、このセンサーのおかげで事故を未然に防げました(待ちきれなかった息子が布団にダイブしてた)。

使用上の注意事項:運転中はふとんの中にモノを入れない・ふとんの上にモノを置かない。リザードンはふとんの外で待つべし。

安全面においてはほかにも温度調節機能があり、本体内部が高温になりすぎないように温風運転から送風運転へと自動で切り替わる仕組みが備わっています。

やけどとかボヤとかそういった危険性もあらかじめ想定して、安全対策が講じられているのは子持ちの親としてうれしいところでした。

花粉シーズンの救世主

というわけで最初はひたすら布団乾燥機として重宝していたんですが、1週間、2週間と使っていくうちにほかの使い方も試したくなってきました。そこで、布団以外の衣類や靴を乾燥する「温風」コースも試したところ、これがよかった!

花粉症持ちがいるので毎年スギ花粉が飛び交う時期は洗濯物を干す場所に悩まされていたのですが、布マスク・肌着・ハンドタオルなどの小物はほとんど布団乾燥機で乾かせました。

少量をすばやく乾かせると同時に、浴室乾燥機を使うよりも電気代がお得なのでは?ちなみに、浴室のサイズや乾燥機の種類にもよりますが、浴室乾燥機の消費電力は約1200Wで、象印の布団乾燥機は約900Wです。ただし、ほかの布団乾燥機(500~700Wあたり)と比べると消費電力はやや高め。なので、布団乾燥機としてはコスパが低いほうかもしれません。まあ、それだけパワフルってことなんですが。

ノズルの角度を調整できるので、こんなふうにピンポイントで洗濯物を乾かしたい時にも便利。

このほか、革製の靴やブーツをやさしく乾かす「送風」コースもありますが、試す機会には恵まれませんでした(なにせあまり外出しなかったもので)。梅雨や衣替えの時に、押し入れやクローゼットの中に風を送りこんで湿気を追い出すこともできるそうなので、一年中いろいろ使えるのでは。

お手入れもラク

メンテナンスとしては、月一でフィルター(両サイドに一枚ずつ)を取り外して、掃除機で網目に溜まったホコリを両面から吸い取るだけ。

幅23×高さ36×奥行き15cmのコンパクトサイズなので、使わない時はちょっとしたすき間や家具の下などに収納できました。かさばらないので、引っ越しの時にも助かりそう。

子どもでも持ち運べる軽さ(3.8kg)なので、機動力は抜群です。

アレルギー持ちの人にオススメ!

正直、布団乾燥機がなくてもこれまで生きてこれました。でもふっかふかに乾かしたお布団で寝る気持ちよさを知ってしまった以上、もはや手放せない家電になりつつあります。

ホースやマット仕立ての布団乾燥機を使ったことがないのでそれぞれの良さを比較できないんですが、象印の布団乾燥機は設置も片付けもラクだし、衣類の乾燥にも応用できるし、軽くて運びやすい、収納しやすい。唯一のデメリットは消費電力がほかの商品に比べて高く、より電気代がかかることぐらいです。

「布団干すの、めんどくさ」って思っている人すべてにおすすめしたいですが、特にハウスダストや花粉に対してアレルギーを持っている人は必見。布団を外に干すとかえって花粉やホコリがつくこともありえますし、ハウスダストの原因となるダニの繁殖を防ぐには、こまめな布団乾燥+乾燥後に掃除機でダニの死骸やフンを除去することが有効なんじゃないかと思います。

春先にはハウスダストとスギ花粉のダブルパンチを喰らう息子にとって、布団乾燥機は「神」でした(本人曰いわく)。寝具を清潔に保つと眠りの質も良くなるようで、心なしか起き抜けのご機嫌も良くなったようです。

うん、やっぱりあみとうさんは正しかった!「布団乾燥機、めっちゃいいよ」。

Photo: 山田ちとら

象印 布団乾燥機 ほしい?

  • 0
  • 0
https://www.zojirushi.co.jp/syohin/coverlet-dryer/rffa/

シェアする

    あわせて読みたい