Appleの「探す」アプリが、他社製デバイスに対応しました。今後の展開に期待

  • 5,140

  • author 塚本直樹
Appleの「探す」アプリが、他社製デバイスに対応しました。今後の展開に期待
Image: Apple

AirTags…。

Apple(アップル)は4月7日、「探す」ネットワークで他社製デバイスの検索が可能になったと発表しました。

「探す」アプリといえば、自分が所有するiPhoneやiPad、それにAirPodsやMacの位置を検索できるアプリとして以前からアップル製品に搭載されていました。そして今後は同アプリにて、他社製デバイスが探せるようになるのです。

具体的には、探すアプリの新項目タブ「アイテム」にて他社製デバイスが検索できるようになります。そしてデバイス上でサウンドを再生したり、紛失モードに切り替えててロックを掛けたり、画面に連絡先の電話番号やメッセージを表示したり、あるいはデータを消去するといった対策が可能です。

探すネットワークの検索機能では、Bluetooth通信により近隣にある紛失したデバイスやアイテムを検出し、そのおおよその位置を持ち主に報告する仕組みが実装されています。この報告機能はエンド・ツー・エンドにて暗号化されているので、持ち主以外は位置情報を知ることはできません。

さらに、今年後半には新たなドラフト仕様として、U1チップを搭載するアップルデバイスの超広帯域無線(UWB)技術を利用できるようになります。そして、方向などを利用してより正確な体験(検索機能)が可能になるとされています。

Image: Apple

今回の機能拡張により、来週からはBelkin、Chipolo、VanMoofから対応製品が発売される予定です。探す機能の拡張とアップル製品同士の連携により、いつかものを紛失しなくなる未来がやってくるのかもしれません。

Image: Apple

Source: Apple

    あわせて読みたい