超軽&タッチパッドとして使える! iPadをメイン機にするなら、キーボードは「mokibo」がいいかも

  • 21,104

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 島津健吾
超軽&タッチパッドとして使える! iPadをメイン機にするなら、キーボードは「mokibo」がいいかも
Photo: 島津健吾

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

iPadOSがリリースされてから、iPadはメイン機として使うに値するマシンになってきました。スペックの低いパソコンを使うくらいなら、iPadのほうが優れていると言っても過言ではないかもしれません。

ただ、パソコンと同じ感覚で使うなら、キーボードとマウスは必須。どうするのが最適解なのでしょうか?

それは、machi-yaでクラウドファンディングを実施中の「mokibo(モキボ)」を使うことかも。タブレットに欲しかった、タイピングやタッチパッド機能を搭載したキーボードなんです!

Windows、Android、iPad/iOS、MacOSといったマルチデバイスに対応しているとのことなので、iPadで実際に使い心地を確かめてみました。

軽量で持ち運びやすい

DSC01363
Photo: 島津健吾

今回、クラウドファンディングの対象になっているのは、「ホワイトカラー」+「英語配列」。日本初上陸のバージョンです。

筐体にはアルミを採用しており、重さはたった245gとキーボードとしてピカイチの軽さ。厚さわずか7.5mmで、持ち運びに超便利です。iPadは携帯性の高さが大きな魅力のひとつ。それを損なわないためにも、キーボードは軽いことが大前提です。

DSC01371
Photo: 島津健吾

ちなみに、専用カバーもあり、付属するリターンも用意されています。持ち運ぶときは、入れておくと安心ですね。持ち運ぶときは、入れておくと安心ですね。

タイトルなし2
Photo: 島津健吾

広げると、タブレットスタンドになります。磁石内蔵で、キーボードがしっかりと固定されるのもいいところです。

Bluetoothで最大3台まで同時接続

DSC01373
Photo: 島津健吾

「mokibo」はWindows、Android、iPad/iOS、MacOSに対応しているだけでなく、同時に3台までデバイスを登録して、ショートカットで切り替えながら使用できます。

DSC01380
Photo: 島津健吾

試しに、iPadとMacBookの2台を登録してみました。キーボードの「F1」「F2」「F3」それぞれにデバイスを紐付けられます。切り替えは、「Fn+F1」「Fn+F2」「Fn+F3」を押すだけ。切り替え速度は2〜3秒ほどで、思い立ったらすぐに切り替え可能です。

複数デバイスで作業をする人は、非常に助かる機能ではないでしょうか?

タッチパッドとしての機能がすごい

タイトルなし1
Photo: 島津健吾

「mokibo」には、キーボードのどこを見ても、タッチパッドはありません。実は、キー自体がタッチパッドの役割を果たします。これが、すごく使いやすいんです。

使い方は、キーボードの下にあるボタンに指を置いて、もう片方の手でキーボードで指を動かすだけ。これで、マウスカーソルを操作できます。

タイトルなし
Photo: 島津健吾

さらに、指2本で上下に動かすと、スクロールもできました。ジェスチャーに対応していると、操作性がガツンと上がりますよね。

ちなみに、片手をキーボードに置く作業はめんどくさいと思っていましたが、実際使っていくと気になりません。マウスを使うことに疲れている人には、きっと気に入ってもらえると思います!

タイトルなし3
Photo: 島津健吾

ダブルクリックや右クリックといった操作も、キーボード上で可能です。作業がスムーズに進むので助かります。

また、iPadのホーム画面に戻る場合は、3本指で上から下にスワイプすればOKです。

キーストロークは深め

タイトルなし4
Photo: 島津健吾

重要なタイピングの快適さですが、この薄さでパンタグラフ式のソフトなタッチとなっています。そのため、タイピング音はかなり小さいです。その分、少し深く押し込む必要があります。この辺りは、個人の好みになりそうです。

タブレットと相性のいいキーボード

DSC01376
Photo: 島津健吾

1日使ってみて思ったのは、キーボードを持ち運ぶ機会が多いタブレットユーザーと、とても相性がいいということ。とにかく軽量でミニマルです。

それでいて、タイピングの音が小さい。コワーキングスペースやカフェ、図書館で作業するときに助かります。また、これにタッチパッドが搭載されているのがすごいですね。タブレットの作業性が断然高まります。

「mokibo」は一般発売予定価格13,980円のところ、30%OFFの9,780円(消費税・送料込み)から支援できます。

タブレット用のキーボードを探している方は、ぜひ試してみてください。

>>キー表面をなぞってタッチパッドに変身「mokibo」英語配列 ホワイトVer

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

    あわせて読みたい