AppleはもうすでにM2チップを作り始めてるらしい

  • 23,125

  • author はらいさん
AppleはもうすでにM2チップを作り始めてるらしい
Image: Nanain / Shutterstock.com

はやっ。

Apple(アップル)がMacのために初めて作った自社製チップM1。並外れた性能に加え、長時間バッテリーを実現した最強クラスのチップとも言えますが、なんとAppleは早くもM2チップの準備に取りかかっているようです。

M2チップ搭載Macは早くて2021年後半

先日Nikkei Asiaが報道した情報によると、M1の次世代チップにあたるM2チップが今月中にも量産開始され、7月ごろの出荷が見込まれているとのこと。そのため、もしかすると、年末頃にはM2チップ搭載の新型16インチMacBookが発表!なんてこともありえるかもしれません。(いや、あってほしい!)

まだ具体的にM2チップがM1に比べてどれほど処理能力がアップするのか、またバッテリー駆動時間はどれほどデバイスに影響を与えるのか定かではありませんが、このペースですとM1、M2、M3と毎年のようにアップデートされていっても不思議ではありませんね。

M2チップでiPadのバッテリー時間が伸びてくれたら嬉しい限り

個人的に思うM1チップ最大の魅力はバッテリー駆動時間にあると思うんです。M1を搭載したMacBook AirやMacBook Proは従来のモデルに比べて飛躍的にバッテリー駆動時間が向上しましたが、iPadのバッテリーに関しては約11年前に発売された初代モデルから今回の最新モデルに至るまでずっと10時間のままです。

もしかすると、タブレットで10時間使えるなら十分と思う方もいるかもしれませんが、個人的にApple PencilMagic Keyboardが登場した今、あえてMacBookよりiPadを持ち歩く人も確実に増えてきてると思うんです。

なので来年もしもiPad Proの最新モデルが発表されて、M2チップを搭載することになったら、多少分厚くなっても構わないのでMacBookシリーズのようなバッテリー駆動時間を実現していただけたら本当に最高なんです...。

M1を搭載したApple製品のバッテリー駆動時間


・MacBook Air:最大18時間

・13インチMacBook Pro:最大20時間

・iPad Pro:最大10時間


最後は完全に自分のM2チップに対する切実な願いを語ってしまいましたが、まだ見てない方もいるかもしれないので、先週のイベントで流れた『ミッション:インポッシブル』のパロディ動画で、M1をかけた『M1SSION IMPLAUSIBLEが最高なのでシェアさせていただきます。

Source: Nikkei Asia via MacRumors

    あわせて読みたい