ラスベガスに帰ってくる!大型電子機器見本市「CES」、2022年はリアル開催へ

  • author Victoria Song - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
ラスベガスに帰ってくる!大型電子機器見本市「CES」、2022年はリアル開催へ
Image: Robyn Beck/Getty Images

やったね!

今年初め、大規模な電子機器の見本市「CES」は、パンデミックの影響ですべてがデジタル化されて開催されました。しかし、それは一時的なもの、ということに。Consumer Technology Association(CTA)は、CES 2022が1月5日から8日までラスベガスで開催されることを発表しました。

CTAによると、約1000社がラスベガスでの展示を「確約」しており、さらに多くの企業が登録を続けているとのこと。Amazon(アマゾン)やAMD、AT&T、Daimler AG、Dell(デル)、Google(グーグル)、Hyundai(ヒュンダイ)、IBM、Intel(インテル)、Lenovo(レノボ)、LG Electronics、Panasonic(パナソニック)、Qualcomm(クアルコム)、Samsung Electronics(サムスン・エレクトロニクス)、Sony(ソニー)などの企業が、ラスベガスに戻ってくると表明しています。またCDCの安全ガイドラインを確認し、連邦法や州法、地方法に従ってCESを計画するとも表明しています。

CTAのプレジデント兼最高経営責任者であるGary Shapiro(ゲーリー・シャピロ)氏はプレスリリースで、 「40年以上もCESの開催地であったラスベガスに戻って来ることを楽しみにしています。新しい顔、戻ってくる顔をたくさん見ることを楽しみにしています」 と述べています。「何百人もの経営幹部が、新規および既存の顧客に対応し、パートナーを見つけ、メディアにアクセスし、革新を発見するためにCESがどれだけ必要かを語ってくれました」。

確かに、デジタル化されたCESでは新しいガジェットに触れる機会や、中小企業のネットワーキングの場がなかったのは事実です。しかし、私達のような技術系ブロガーにとってはある意味楽でもありました。この1年はバーチャル発表会の実験がおこなわれましたが、ほとんどの場合、関係者がパジャマのままでいられるような簡潔なものでした。リモートイベントの素晴らしさもあると思うのですが、そう話はうまくいかないようです。

CTAによると、今年初めて登場した「CES Anchor desk」にてデジタル体験を継続するとのこと。また対面式のCES 2022が終わったら、新しいコンテンツをデジタルで追加するとしています。では、なぜジャーナリストはラスベガスに行かなければならないのでしょうか? 技術系ブロガーの苦悩は続きます。

    あわせて読みたい