【読者限定で2,000円オフ】ハンズフリーでボイスアシスタント起動。「SoundLiberty S10 Pro」はなかなか良いコスパ

  • Buy
  • author 小暮ひさのり
【読者限定で2,000円オフ】ハンズフリーでボイスアシスタント起動。「SoundLiberty S10 Pro」はなかなか良いコスパ
Photo: 小暮ひさのり

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です

便利さと、素直さと、個性的な見た目と。

昨年あたりから、急激にイヤホンニーズって高まりましたよね。テレワークニーズもそうですし、なかなか他人と遊べないので、音声通話やビデオ通話したりで、日常的に使いやすく高性能なイヤホンが注目されています。

じゃあ、どれだ?ってなりますよね。

選択肢はいくつもありますが、今回はTaoTronicsから発売された新しい完全ワイヤレスイヤホン SoundLiberty Pro S10を使ってみました。

思わず振り返るサイバーブルー。アクセサリとしてもオシャレくない?

2021-04-15aok02_th
Photo: 小暮ひさのり

まず、装着感はかなり良いですよ。インイヤータイプなので遮音性はありませんが、その分かなり軽くて圧迫感もありません。

耳から青いのが生えている見た目は好き嫌いが分かれそうだけど、流線型なフォルムかつブルー〜紫へのグラデーションは、ある種のサイバー感もあって個人的には好き。

シンプルなのもいいけど、イヤホンってアクセサリとしての要素もあるので、このくらい自己主張しても良い気がしますよ。

接続はBluetooth 5.0でコーデックはAAC、SBC、aptX。IPX7の防水性も備わっています。音質はかなりフラットで素直な印象。

低音ガンガンでもなければ、高音キンキンでもなく、耳あたりの良い音感です。中域の解像感やクリアさも感じられますね。ラーメンでたとえると、澄んだスープの塩ラーメンみたいな感じです。いくらでも食えるやつ。

また、昨今は直接会って話す機会が減っていて、通話の頻度は増えていますよね。

イヤホンでもマイク性能を重視する動きが顕著で、この「SoundLiberty S10 Pro」にも「通話AIノイズキャンセリング」といった通話時のノイズ除去機能が搭載されています。これが意外と良いフィーリングでした。

実際にZoom会議で試してみたところ、反響音などを抑え、声の音域を強調して拾ってくれています。若干のざわつきくらいなら、気にしないで通話に集中できそうですよ。

タッチしなくてもOK、声でボイスアシスタントを呼び出せる

2021-04-15aok03_th
Photo: 小暮ひさのり

ユニークなのが、ボイスアシスタントを声で呼び出せるところ。

「Hey ティティ」というウェイクワードでボイスアシスタントが起動し、ボイスコマンドによる操作が行なえます。iPhoneで実際に試してみたところウェイクワードでSiriが起動。続けてマニュアルにあるコマンド「Next Song(ネクストソング)」と言ってみたところ『Apple Musicではネクストがみつかりませんでした』と、返されてモニョりました。Why?

何度か検証してみたところ法則性を発見。「Hey ティティ」でSiriを起動したらそのままSiriを操作する感覚で話しかければOKです。「次の曲」って言ったらちゃんと次の曲を再生してくれました。なんだか使いこなすのにひとクセ必要ですけど、声でアシスタントの起動から操作までできるのは便利ですね。

イヤホン本体を触って操作するのって一般的ですが、あの時の「ガザザザッ!」という音と振動が鼓膜に伝わる感覚がどうしても好きになれません...。

なので、「SoundLiberty Pro S10」のこのハンズフリーアプローチは正義としか思えない。

装着感良しな高コスパイヤホンが今ならクーポンコードで2,000円オフ!

2021-04-15aok01_th
Photo: 小暮ひさのり

装着感の良さと、機能的な便利さを併せ持つとなると、普段遣い用イヤホンとしてはかなり完成度が高い印象ですね。それでいて価格は8,999円はなかなかのコスパ。

…なんですが!

さらに今ならAmazonでの発売記念セールとして1,000円オフ。さらに読者限定で1,000円オフになるクーポンコードも用意してもらったので、6,999円でポチれますよ

クーポンコードはTTBH080GIZ。

クーポンコードの有効期間は、4月21日から4月23日までです。

また、発売記念セールは台数限定で、予定販売台数上限に達すると終了になる場合があるので、購入はお早めに!

Source: Amazon

    あわせて読みたい