人が作り出した究極の汎用決戦USBハブ

  • 15,085

  • author 小暮ひさのり
人が作り出した究極の汎用決戦USBハブ
Image: ユニオンクリエイティブ, ©khara

ハブ?USBが刺さるんですかこれ。

そうよ、人が作り出した究極のUSB増設ハブ「electroysエヴァンゲリオン初号機USBハブ」。USBハブとフィギュアを融合させた、実用的なデスクトップガジェットであり、我々人類のポート不足の切り札よ。あなたが刺すの。

刺す…僕が…USBを!? でもなんでハブなんですか!今までもPC周辺機器やファッションブランドや、まで! コラボもたくさんあったけど、なんでこう「あれ、意外と実用的じゃん」的なところに行こうとするんですか!

…と、これは僕の心の叫び。でも、これをモニターのそばに置いたらちょっとテンション上がることは確実です。

2021-04-12evak01-1
Image: ユニオンクリエイティブ, ©khara

そんなエヴァ初号機USBハブ、サイズは約W80mm×H90mm×D165mm。

USBポートのサイズとも対比すると、デスクの上にもちゃんと置けるサイズ感かと。製品画像を見る限り、背中と両肩部にそれぞれUSB-AとUSB-Cポートを確認。通電すると目が光るギミック付きとのこと。

というか、USBをグサグサ刺して線だらけになっている姿を想像したら、うっとりするのは僕だけでしょうか?

ちょっと特殊な性癖をくすぐりそうな実用性のあるフィギュア?「electroysエヴァンゲリオン初号機USBハブ」は、2021年9月発売で価格は6,578円。現在予約を受け付けています。

現状はCGによるイメージ段階っぽいので、実際の造形が気になりすぎます…。

Source: ユニオンクリエイティブ via 価格コム

    あわせて読みたい