PS5やXbox SX/SSゲームをPCやスマホで遊ぶ方法

  • 7,892

  • author David Nield - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
PS5やXbox SX/SSゲームをPCやスマホで遊ぶ方法
Image: Onur Binay/Unsplash

自分の部屋で楽しめます。

もしご家庭の大画面テレビを誰かが占拠していても、「PlayStation 5」や「Xbox Series X/S」なら同じWi-Fi上の他のデバイスにゲームをストリーミングできます。

この機能を利用するには高速な無線LANは必要はありませんが、安定したネット接続が必要です。できれば、PlayStation 5やXbox Series X/Sをイーサネットケーブルでルーターに直接接続してください。また、無線LANを使用している他の機器の電源を切っておくのも効果的です。ここでは、ローカルでストリーミングする方法について説明します。

PlayStation 5

PS5では「リモートプレイ」 と呼ばれる公式機能が存在します。これを開始する前に、ゲーム機でこの機能を有効にする必要があります。「設定」から「システム」メニューを開いて「リモートプレイ」を選択し、 「リモートプレイを有効にする」のスイッチをオンにします。次に「節電と休止モードで利用できる機能」 に進み、「インターネットに接続したままにする」 と 「ネットワークからPS5をオンにする」が有効になっていることを確認します。これは、別のデバイスからPS5を起動できることを意味します。

これらの設定が完了したら、次に必要なのは利用するOSに対応した「リモートプレイ」アプリです。このアプリはWindows、macOS、Android、iOSに対応しており、PS5と同じローカルネットワーク上にあればゲームをストリーミング配信できます。

Screenshot: Windows

WindowsとmacOSの場合、DualSenseまたはDualShockのコントローラが必要となります。Windowsの場合はコントローラーをUSBで直接接続する必要がありますが、Macの場合はBluetoothまたは有線接続したコントローラーを使用できます(システム環境設定のBluetoothからコントローラーをペアリングできます)。

スマートフォンでは、PSのコントローラーを接続してゲームを楽めますし、あるいは画面のタッチ操作でも代用できます(だたしオススメはしません)。コントローラーのペアリングはAndroid OSの場合は「設定」の「接続デバイス」、iOSの場合は「設定」の「Bluetooth」からできます。

Screenshot: Windows

どのデバイスにリモートプレイをインストールしても、PSNアカウントへのサインインが必要になります。そして正しく設定できていれば、ソフトウェアがローカルネットワーク上のPS5を自動的に検出し、数秒後にPS5の画面がリモートプレイ内に表示されます。そしてPSのコントローラーでPS5の前に座っているかのようにゲームがプレイできるのです。

起動画面の歯車のアイコンをクリックして「リモートプレイのビデオ画質」を選択すると、PS5がコンピューターやモバイル機器にビデオをストリーミングする際の画質を設定できます(つまり、画質を下げられます)。またモバイルアプリでのストリーミング再生時に、コントローラーを常に表示するかどうかなどの設定も可能です。

Xbox Series X/S

Xbox Series X/SからWindows PCへのローカル ストリーミングはまだできません。旧型の Xbox Oneでは簡単にできたことを考えると、かなり不思議です。この機能は開発中ですがまだ実装されておらず、アップデートの噂が盛り上がっていますが、現時点では機能リリースの見通しは立っていません。

Xbox Series X/SからMacへのストリーミングも、当面は同じです。Xbox One XおよびXbox One Sではこの機能は公式にはサポートされていませんでしたが、OneCastなどのサードパーティ製ツールを使用することで利用できました。ただし、この方法は今のところXbox Series X/Sでは使えません。

Screenshot: Android

コンピュータへのローカルストリーミングのサポートが機能するまでは、スマートフォンやタブレットへのストリーミング機能で満足しなければなりません。Xboxで「設定」 を開き、 「デバイスと接続」から「リモート機能」 を選択して、「リモート機能を有効にする」をオンにします。

次に、AndroidまたはiOSの公式Xboxアプリが必要です。サインインと設定を終えたら、右上(ベルのアイコンの左側)にある接続ボタンをタップし、「コンソールをセットアップ」を選択肢て画面表示に従います(既にこの手順を終えている場合を除きます)。

Screenshot: Android

Xboxアプリからライブラリボタン(左下から2番目)を選び、「コンソール」の順にタップします。次に所有するXboxを選び、「このデバイスでリモートプレイ」を選択します。Xboxの電源が入っていてオンラインになっていれば数秒後に接続され、スマホやタブレットにXboxの画面が表示されるはずです。

Xboxを実際に操作するには、お好みのゲームパッドをモバイルデバイスに接続する必要があります。これは公式のXboxコントローラーでも良いですし、あるいはスマホやタブレットで使えるサードパーティ製の代替品でも利用できます。Bluetoothアクセサリは、Androidの場合は「設定」の「接続されたデバイス」から、iOSの場合は「設定」の「Bluetooth」から追加できます。

    あわせて読みたい