次期iPad Pro、品薄の予感…

  • 23,801

  • author 塚本直樹
次期iPad Pro、品薄の予感…
Image: Chikena / Shutterstock.com

発表までもうわずか?

いよいよXデーが迫っているようです。Bloomberg(ブルームバーグ)は、次期iPad Proが4月後半にも登場すると報告しています。

報道によると、次期iPad Proの12.9インチモデルではミニLEDディスプレイを搭載するとのこと。しかしこのミニLEDディスプレイが生産上の問題に直面しており、新型iPad Proの初期供給量が不足する可能性が指摘されているのです。

次期iPad Proでは、これまでと変わらず11インチモデルと12.9インチモデルの投入が噂されています。そして12.9インチモデルに搭載されるかもしれない有機ELディスプレイは、正確な色再現やコントラスト、そして明るさの向上が期待されています。

iPadの生産問題といえば、Nikkei Asiaは世界的なコンピューターのチップ不足がその生産に影響を与えているとのレポートを公開しています。もしかすると、iPad Proはそのダブルパンチを受けてしまうのかもしれません。

そうそう、iPadの新モデルといえば次期iPad miniの情報もちらほら登場していますね。今年の春は、iPadのラインナップが大幅に刷新されるのかもしれません。

Source: Bloomberg via 9to5Mac

    あわせて読みたい