ニオイ対策に便利な「生ごみ処理機」が、まわりまわって植物への愛を育んでくれた

  • 24,770

  • author ヤマダユウス型
ニオイ対策に便利な「生ごみ処理機」が、まわりまわって植物への愛を育んでくれた
Image: ヤマダユウス型

「やだなぁ…」な気持ちこそ、テクノロジーに頼りましょうよ。

桜が咲いたと思ったらもう汗ばむ季節。暖かくなってくると、冬には気にならなかった生ゴミが存在感を強めてきます。暖かさが悪臭を運び、謎の汁が嫌悪感を呼び起こす。ああ、ゴミ捨ての面倒なこと。特に雨の日とか。

脱臭アイテムを使う、水気を切る、分別を細かくするなど、対策は色々と可能。でもですよ、生ゴミのことを中心に考える生活をしたいかって話ですよ。魚料理はゴミ捨ての前日にするとか、そこまで毎日考えるのって、ねぇ。

で、僕が気になっていたのが、生ゴミの飼料化、すなわちコンポスト(堆肥化)による生ゴミ処理です。コンポスト自体は時間をかければ簡単に作れますが、相応のガジェットを使えば生ゴミの臭いや存在感を消し去りつつ、短時間で堆肥化も可能に!

210330msn53xd_01
Image: ヤマダユウス型

それがこちら、パナソニックの家庭用生ごみ処理機「MS-N53XD」。生ゴミを脱水&粉砕し、ゴミ捨てをラクにしつつ、ついでに有機肥料も作ってくれるというもの。2週間ほど使ってみましたが、結論から言うと「生ゴミ臭への対策」としては完璧に機能しました。

これって何?

まずは「MS-N53XD」について説明しておきましょう。堆肥化には微生物に分解してもらうものや熱風によって処理する方式がありますが、こちらは後者の約130℃の温風で乾燥させ乾燥処理物にするスタイル。前者の場合は土と生ゴミを混ぜることで、数カ月かけて微生物などに処理してもらいます。

乾燥させることで脱臭でき、サイズもコンパクトに。生ゴミのイヤなところって、べちゃっとした水気じゃないすか。あれがなくなるワケですよ。乾燥と粉砕を繰り返すことで土のように細かくなり、やがては肥料として使えるようになるんです。

すなわち、家庭で出た生ゴミが家庭菜園やガーデニングに貢献してくれる。植物を育ててない人にとってはノーメリットかもしれませんが、単純にゴミが捨てやすくなるだけでも恩恵は大きいかと。むしろ「この有機肥料でハーブでも育ててみようかな」と、園芸への関心が高まるかもですよ?

ゴミを投入、スイッチオン

では実践へ。処理できるのはごはんや麺類、肉、野菜くず、魚の骨、茶殻など、一般的に食用可能なもの。なんでもかんでも捨てて良いってわけではなく、卵の殻、肉の骨、貝類などは処理できないのでNG。とはいえ間違って捨ててしまっても、細かく粉砕されて最終的に肥料に混ざるだけです。

210330msn53xd_03
Image: ヤマダユウス型

中には破砕機付きの容器が。この容器は取っ手ごと持ち上げることができます。

210330msn53xd_04
Image: ヤマダユウス型

パイナップルの皮のような、普通に捨てるにはかさばって仕方ないものもそのままイン。いつもは三角コーナーに捨てがちな果物の皮や野菜のへたなんかも、切ったそばから「MS-N53XD」に捨てて良し。

フタは密閉されていて、臭気はまったく漏れません。魚のアラとか普通のゴミ箱に捨てると翌朝にはもう臭さマックスですが、密閉機構ならその心配もいりません。

ゴミを投入したらあとは電源を押すだけ。処理には3時間近くかかるため、基本的には寝る前にポチっとするのが日課になります。処理中は換気扇以上・洗濯機以下ほどの駆動音がし、「近くで焚き火してる?」的な排気のニオイもやや感じました。キッチンのそばで起動させましたが、換気扇をつけないと厳しい程度にはニオイがする。なんせゲームしてるリビングで使うべきじゃあなかったです。

標準モードのほかに「ソフト乾燥モード」があって、こちらは乾燥具合を抑えることでより有機肥料っぽい仕上げにできますよーというもの。標準モードより処理時間はかかるけど、温度が低いおかげかニオイはマシですね。しっとりとした飼料がほしいなら「ソフト乾燥モード」で良いかも。

210330msn53xd_05
Image: ヤマダユウス型

そして、標準モードでの処理後がこちら。パリッパリじゃあないか!

210330msn53xd_06
Image: ヤマダユウス型

生ゴミのニオイはまったくせず、むしろ焦げた野菜炒めみたいな香りがしますね、焚き火のような香ばしさというか。

処理後はこのまま放置して、追加で生ゴミが出たらそのつど投入して夜に処理しておきます。乾燥と破砕を繰り返して、どんどん生ゴミを有機肥料に寄せていくわけです。面倒なら2日に1回とかでもOK。

土に混ぜてみた

210330msn53xd_07
Image: ヤマダユウス型

2週間ほど使ってみた結果がこちら。前日に投入した玉ねぎの皮なんかは形が残っていますが、底の方の生ゴミはほぼ土みたいなパラパラ感になりました。ニオイも「生ゴミのニオイではなくほのかな野菜炒め」のそれ。このままゴミ袋に入れて捨ててもOKです。

投入したゴミの量はだいたいこんな感じ。残飯が出る家庭なら、これにお米や肉類などが追加されると思います。

たまねぎの皮(5個分)、じゃがいもの皮(5個分)、にんじんの皮(2個分)、キャベツの芯(1個分)

カレイの骨(2匹分)

バナナの皮(5本分)、パイナップルの皮とヘタ(1個分

紅茶、コーヒーなどの茶殻紅茶、コーヒーなどの茶殻

1回の稼働で大体50%くらいの体積になります。それ以降は稼働させるたびにどんどん細かくなっていき、最終的には土くらい細かくなりますね。今回特にサイズダウンしてくれたのはパイナップルの皮でした。夏頃にはスイカの皮とかも投入してみたい。

210330msn53xd_08
Image: ヤマダユウス型

これは前日の玉ねぎのヘタかな? 固いものの処理は1回の稼働では難しそうです。

210330msn53xd_09
Image: ヤマダユウス型

では「MS-N53XD」で作った乾燥物を有機肥料として、ハーブの植え替えをしてみます。丁寧にやるなら数週間は土と混ぜて定植させるべきですが、しなくてもセーフとネットで見ましたので。「ソフト乾燥モード」なら、定植させずともプランターなどに混ぜて良いみたいです。

210330msn53xd_10
Image: ヤマダユウス型

大きな乾燥物はできるだけ細かく潰して、土と混ぜて鉢植えに。土いじりの楽しさというボーナスがあるガジェット、良いねぇ…。

210330msn53xd_11
Image: ヤマダユウス型

野菜くずの残骸がチラリ。これも丁寧にやるなら肥料は鉢の底の方に集めた方が良い気がします。まぁね、こういうのはトライアンドエラーですよ。うまく育ちますように!

210330msn53xd_12
Image: ヤマダユウス型

処理物をひっくり返した容器はこんな感じ。ベタつきも一切なく、ゴミ箱としてはとてもスッキリしてます。破砕機にこびりついた焦げや繊維は、程よいタイミングでお掃除してあげましょうね。

生ゴミ処理の手間はどう変わった?

実際に「MS-N53XD」を使ってみて、生ゴミの処理が「臭いものの処理」ではなくなった実感がありました。気持ち的にはすごくクリーン! でも、ゴミ捨ての回数や、ゴミ処理の省力化への貢献は思ったほどではありませんでした。

理由として、「卵の殻やティーパック、排水溝ネットなどの水モノ処理の手間は変わらない」という点があります。野菜くずや残飯、魚の骨などの大物ゴミは処理できるけど、結局水モノのゴミは発生しちゃうので、ゴミ出し自体の回数はそれほど変わらない。大きなゴミ袋を使えば週2回を1回にはできるかも。

コンポストをフルに活用するなら、ステンレスの三角コーナーと水切りネットの2種類を用意して、堆肥化できるものはステンレスへ、卵のカラやティーパックなどは水切りネットへと、生ゴミの分別が必要になります。その方が肥料としても優秀になりそうですね。

ニオイ対策に関しては劇的に効果がありました。あの密閉っぷりなら、真夏の生ゴミに対してはとても効果を発揮してくれるはず。「ゴミ捨ての手間暇よりも、とかくニオイが許せない!って人なら満足できるはず。

210330msn53xd_13
Image: ヤマダユウス型

ただし、処理中の排気のニオイはします。温風で処理してるからこればっかりは仕方ない。立派な排気口は強力脱臭の証だとして、起動の時間や設置場所の工夫でなんとかしましょう。換気扇が近いキッチン周りに置くのがベターかな。

生ゴミへの意識が大きく変わる

我が家はふたり暮らしなのでゴミの量もそれなり、かつ残飯などはほぼ出ないため、処理物のほとんどは野菜くずや果物の皮でした。それでも脱臭効果やゴミ出しの総量減という恩恵は確かに感じられたので、生ゴミを出す暮らしをしている人なら多くの点でメリットを感じられるはずです。季節柄、今はあまりニオイが気にならないってのもありますけどね。

「これがあれば生ゴミのことは考えなくて良い」ってほどの万能マシンではないため、そこはあしからず。むしろ生ゴミを汚物ではなく資源として見れるというか、そもそも生ゴミってゴミになる前は食材だし、そのあたりの意識改革に効果があったように感じます。

中国のことわざに「一日を楽しむなら友人とお酒を、一週間を楽しむなら宴を、一生を楽しむなら庭師になるのが良い」なんてのもあります。ボーナスで得られる有機肥料は、せっかく肥料になるんだから土いじりを始めてみようかなというきっかけになると思いまして、長い目で見るとそれが一番ステキなメリットな気もしましたね。

210330msn53xd_14
Image: ヤマダユウス型

「MS-N53XD」は、顔をしかめていた生ゴミ処理がクリーンになるガジェットでした。オマケで植物への関心も高めてくれるし、なんだか暮らしがサスティナブルになった気がします。こういうのがQOLが上がるってやつかしら。


MS-N53XD ほしい?

  • 0
  • 0
パナソニック

シェアする

    あわせて読みたい