リコー、新フラッグシップAPS-Cデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-3 Mark III」を発売

  • author ヤマダユウス型
リコー、新フラッグシップAPS-Cデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-3 Mark III」を発売
Image: RICOH IMAGING

おまったせしまっした。

リコーの最新APS-C一眼レフ「K-3 Mark III」が正式に発表されました。発売日は2021年4月23日(金)、価格はボディのみで税込み27万9800円、限定1000台のプレミアムキットが31万9800円。

ミラーレス全盛期のいまの時代に、あえての一眼レフ、しかもAPS-C。リコーは本機をAPS-Cのフラッグシップとし、長い、長〜い時間をかけて作り上げてきました。そこには光学ファインダーに対する情熱や、写真機を所有する意味などがモリっと盛り込まれているとか。

昨年末に触ってきた印象でいうと、ファインダーの見えは文句無し。固定式モニターゆえの潔さは、「X-Pro 3」にも通ずる足りない機能がもたらす無二の道具性を感じさせました。難しいカメラだとは思いますが、楽しいカメラであることも間違いないでしょう。

ちょうどこの記事を書く数時間前、一眼レフで散り際の桜を撮影してきました。やっぱり、季節の表情は光学ファインダーで見たくなるのです。さぁ、カメラを人生の伴侶に。

Source: RICOH IMAGING

K-3 Mark III ほしい?

  • 0
  • 0
RICOH IMAGING

シェアする

    あわせて読みたい