落ち着くのは2023年? インテル・Nvidia・TSMC「半導体不足はまだまだ続く…」

  • 5,427

落ち着くのは2023年? インテル・Nvidia・TSMC「半導体不足はまだまだ続く…」

深刻だ。

世界的半導体不足のトンネル出口はまだ先のよう。半導体含む大手大手部品製造メーカーが口をそろえて、供給不足はまだまだ続くって言ってますから。

まずNvidia。4月12日付のプレスリリースにて、「総合的な需要高で、需要が供給を上回る状況が続いています。(中略)年内はこの状態が続くと考えている」と宣言。

Intelのパット・ゲルシンガーCEOは、Washington Postの取材にて、車業界が影響を受けている半導体不足が解決に向かうには数年かかると発言。

さらに、1番どーんとくる発言はApple、AMD、Qualcommのチップを生産するTSMC。C.C. Wei CEOが、アナリスト向けの電話会議でこう発言しています。「2023年には、クライアントに十分対応できるためのキャパを提供できればと思う。(中略)その頃には、逼迫する供給不足も落ち着き始めているだろう」

…2023年。ニセンニジュウサンネン! 2年後か。

半導体不足は、ゲーム業界、パソコン業界、車業界と幅広く影響しています。PlayStation、Xboxなど発売済み製品はもちろん、これからリリース予定の新製品(噂されてる新型iPad Proとか)にも遅れがでる可能性も…。当初は今年前半には多少解決されるという楽観的な見方でしたが、大手半導体メーカーが口をそろえて「まだまだ続く!」というのをきくと年内はとうてい無理でしょう。

自作パソコン組もうかな、手持ちのパソコン一部改造しよっかなって人。普段なら思い立ったが吉日ですが、今は最悪のタイミングですよ。

    あわせて読みたい