ホワイト…ホワイト…ホワイト… #AppleEvent

  • 23,151

  • author 山本勇磨
ホワイト…ホワイト…ホワイト… #AppleEvent
Image: Apple

あえて汚れやすいホワイトカラーを、ガジェットに使う。

今春のApple Event、白推しが凄かったように思います。ホワイトカラーは春のイメージ…というか、こんな時代だからこそパッと明るいイメージにしたんじゃないかな、ともちょっと思いました(おおげさでしょうか?)。

iMacのホワイトベゼル

apple_new-imac-spring21_pf-green-accessories_04202021

まず印象的なのは新型「iMac」。2007年から長らくiMacは黒いベゼル(ベゼル=ディスプレイのフチ)を採用していました。

ところが2021年の新型iMacでは、白いベゼルに変更。淡い7色のカラーラインナップに合わせた白カラーの採用だと思われますが、新型iMacはかなりポップな印象になりました(しかもベゼルがかなり細くなった、ありがとう!)。オフィスよりも、ホームに合うイメージに。

スクリーンショット2021-04-214.43.35

今まで黒いベゼルを採用していた理由は、主に電源を消したときの見栄えからでしょう。電源を消した際にディスプレイが暗くなるため、黒いベゼルの場合はツラが真っ黒になります。部屋に鎮座していても、存在感があまりありません。

しかし白いベゼルでは、電源を消した場合ベゼルが浮いて見える可能性があります。これが部屋に置いたときのイメージにどう影響するのか? 気になります。

キーまで白いMagic Keyboard

210421_white_2

続いてiPad用「Magic Keyboard」のホワイトモデル。iPad Proが初登場した2015年以降、Apple純正のキーボードには黒(チャコール)のカラーのみ存在していました。そこに白いMagic Keyboardが追加。価格は変わらず、税込34,980円です(高い)。

210421_white_4

背面のカバー部分も、キーも真っ白。ヒンジ部分には、白に合わせてシルバーの金属が採用されています。

今、白いプロダクトの人気が高まっています。最近では、ソニーも真っ白の「サイレントホワイト」のワイヤレスヘッドフォンを追加したように、「ガジェット=黒いっぽいもの」というイメージが変わろうとしています。あえて汚れやすいホワイトカラーを持ち運びの多いガジェットに採用する、この流れはファッショナブルでとても面白い傾向だと思いました。

210421_white_3
Photo: ギズモード・ジャパン
WH-1000XM4 サイレントホワイト

いちおう、AirTag

210421_white_5

オマケ。見つける天才くんこと、AirTagも白いです。

210421_white_6

Image: Apple
Source: Apple

Appleホワイト新製品 ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい