超巨大・全部盛りVRゴーグル「XTAL」がすごい #コンテンツ東京2021

  • 9,424

  • author ワタナベロク
超巨大・全部盛りVRゴーグル「XTAL」がすごい #コンテンツ東京2021
Photo: ギズモード・ジャパン

圧倒的、大迫力!

コンテンツ東京2021で見つけたこちらのVRゴーグルは、チェコ共和国のスタートアップ企業VRgineersの「XTAL」。横幅が顔の2倍ほどあるこのVRゴーグルはいったい、誰が何のために使うものなのか取材してきました。

_N5A7851
このゴツさがたまらなくかっこいい。

まず外観。デカイ、ゴツイ、重い。そして厨二病心をくすぐらせる、全体にこれまでかと言わんばかりの大量のセンサー類。そしてマットブラックがカッコいい。

横幅は顔の2倍くらいありますし、ずり落ちてくるくらい重たい。

_N5A7871
めちゃくちゃデカイ。体感でOculusQuest2ふたつ分

これだけ大きいだけあって納得のスペックです。

8K対応・視野角180度・ハンドトラッキング・自動IPD(瞳孔間距離)調整機能・アイトラッキングと、山盛り。また、独自のアルゴリズムにより既存のVRゴーグルより酔いにくく長時間にわたって着用できるそうです。Oculusですぐに酔った僕も違和感なく使えました。

_N5A7854-2

デモではクルマの展示のシュミレーションを体験できました。

ハンドトラッキング機能を搭載しているので手の動きは自由度が高いです。ハンドルを握る、ギアチェンジ、エンジンスタートボタン、ハンドブレーキすべて不自由なく操作できます。

このハイスペックVRゴーグル「XTAL」のお値段はだいたい100万円...! プロ向けシミュレーター用とのことで、NASA、米軍、JAL、エアバス、マクラーレンなど世界的な組織・企業に採用されています。また、8Kの高精細なディスプレイで自動車メーカーが開発中のクルマの色や素材感のチェックにも使われているそう。

自分のお財布じゃとても手が出ませんが、ゲームセンターとかでワンチャン採用されないかな?

Source: VRgineers

XTAL ほしい?

  • 0
  • 0
vrgineers

シェアする

    あわせて読みたい