オンライン会議のために、画質よりも肌質をあげる。「ZOZOGLASS」で自分に最適なコスメを探してみよう

  • author ヤマダユウス型
オンライン会議のために、画質よりも肌質をあげる。「ZOZOGLASS」で自分に最適なコスメを探してみよう
photo:ヤマダユウス型


数値でわかると、なんかこう、考えやすいね。

ZOZOが始めた新しいサービス「ZOZOGLASS」を試してみました。ZOZOSUITに、ZOZOMATと、テクノロジーでファッションを切り拓き続けるZOZOが新たに切り込んだジャンルは…化粧品

DSCF4601-1

こちらのカラフルなメガネ型ツールが「ZOZOGLASS」。できることは、肌の色の測定です。肌の色がわかれば自分に会った化粧品がわかって、無数にあるコスメの選び方の参考になるってやつですね。

え、化粧品なんて興味ない? いやいや、思えば今の時代ほどコスメがジェンダーレスに使える時代もないのですよ。なぜなら、Web会議があるから…! ライティングやカメラ画質でも良い顔を作れますが、その元となる肌質をあげるのがお化粧。おうちでなら失敗してもなんとかなりますしね。

スマホでも正確な色を測定

じゃあどうやって肌の色を測定しているのか。原理はカラーチャートに似た感じです。

DSCF4596-1

下に見えるのは動画撮影などで使うカラーチャート。撮影時にこの色を写しておいて、編集時に色の数値データが正しくなるよう補正することで、被写体の色味も正しくなるよ〜というものです。「ZOZOGLASS」のカラフルなデザインは、カラーチャートの役割になっているのです。

DSCF4600-1

本体はプラスチック製で、側面にはロゴが。チャート部分は貼り付けのようです。質感はザラッとしてる。

メガネをかけてスマホを見るだけ

測定は蛍光灯の下や日中の窓際など、明るい場所で行います。まずはZOZOGLASSをかける前と後で、違いを見てもらいましょう。

DSCF4603-1

かける前。

DSCF4604-1

かけたあと。ははーん、このメガネなんか楽しいな?

「ZOZOTOWN」アプリ内から計測を開始。ZOZOGLASS自体、送料含め無料です。無料です。

DSCF4607-1

あとはアプリの指示に従って計測。あっち向いたりこっち向いたりして、スマホのインカメに陽気な顔を見せつけていきましょう。

DSCF4608-1

モデルのカイル氏いわく「スマホの文字が見えにくい」とのこと。そうか、普段メガネをつけてる人はメガネを外さなきゃ測定できないのか…。

iOSの画像

測定が終わると、ARで肌の部位ごとの色を教えてくれます(カイル氏の撮影ができなかったので網藤さんで撮影中)。おでこや頬、唇などで色が違ってるのは面白いですね〜。



スクリーンショット2021-04-2317.19.49
Screenshots:ZOZOTOWNアプリ

肌の色は、赤みを表すヘミグロビンと、明るさを表すメラニンと、それぞれの割合で示してくれます。で、こうした測定でわかるのが…。

スクリーンショット2021-04-2317.20.03
Screenshots:ZOZOTOWNアプリ

ブルーベース、イエローベースなどのパーソナルカラーです。このパーソナルカラーを軸に、着る服の色を吟味するなんてのもよく聞きますね。

化粧品はもっとカジュアルになれる

診断後はそのまま、自分の肌の色にマッチしたファンデーションをずらっと提案してくれて、購入までシームレスにいけます。ZOZOの強みですな。

スクリーンショット2021-04-2317.19.56
Screenshots:ZOZOTOWNアプリ

そもそもちゃんと化粧品を選ぶなら、専門の人に相談に行くのが一番。肌質や肌の色、それこそパーソナルカラー診断などをしてもらえれば、どんな化粧品が自分に相応しいかがわかります。でも…お店に行って人と話すの、簡単じゃあないですよね。ご時世的にも。

この「ZOZOGLASS」は、そうしたシチュエーションにうまいことハマってるなと思います。あとはコスメデビューにも有用ですね。化粧品に興味はあるけど、初心者だからお店に行きにくい。そんな人はいったんこの「ZOZOGLASS」で、色々試してみると勉強になるかも。

配信やオンライン会議のために顔質をアゲて、ついでにおもしろメガネもタダで手に入る。あとは実際に買ってみた化粧品がどれだけ効果があるかですが、網藤さんが実際に注文までしてみたので、記事か動画で経過報告できる、かもしれません。

DSCF4619-1


網藤さんの人生初コスメデビュー、固唾をのんで見守ってあげましょう。守りたい、この笑顔。

Source: ZOZOGLASS


    あわせて読みたい