米マッチングアプリ業界、コロナワクチン接種の推奨キャンペーン展開中。接種すればプレミアム機能の開放も

  • author そうこ
米マッチングアプリ業界、コロナワクチン接種の推奨キャンペーン展開中。接種すればプレミアム機能の開放も
Image: Shutterstock

一丸となって「ニューノーマル」に挑む。

世界中で、いろいろな業種からワクチン接種を後押しする動きが見られますね。ワクチン接種済みの人はドリンクサービス! なんて話も耳にしますが、オンライン恋活業界もワクチン後押しプランをやっています。なかなかユニークな取り組みですよ。

例えば、よくAppleイベントでもネタにされていたマッチングアプリTinderは、ワクチン接種済みユーザーにはプロフィールに済バッジ表示できるように対応します。また、接種済みユーザーは通常プレミアム会員しか使えない一部機能を無料で利用できるという太っ腹なサービスも打ち出しています。プレミアム機能の開放は、Tinderだけでなくその他多くのマッチングアプリ(Bonble、Hingeなど)が行なっているキャンペーン。プロフィールにワクチン接種済みを記入できるのも人気の新機能。OKCupidのリサーチによれば、ワクチン接種済みまたは接種予定の人はマッチ度が14%アップするそうなので、ワクチン接種はどうやらオンラインデートにも有効なようです。

ただ、ワクチン接種済みはあくまでもユーザーの自己申告なので、サービス運営側が何かを保証するものではないということは理解しておく必要があります。

会場、人材、システムと、業界によっては直接的に提供できるものも多いと思いますが、一見無関係に見える業界でも、独自のやり方で接種を推奨するっていいですね。

オンラインの出会いだって、その先(リアル)があってこそなのですから。健康がいちばん。

Source: The Verge

    あわせて読みたい