折りたたみiPhoneは8インチで2023年に登場?

  • 5,414

  • author 塚本直樹
折りたたみiPhoneは8インチで2023年に登場?
Image: MacRumors

画面大きめ?

今年から数多く噂が囁かれるようになった折りたたみiPhone。これについて、8インチ/QHD+解像度ディスプレイを搭載し2023年に発売されるとの情報が、海外から伝えられています。

今回の情報の出どころは、著名アナリストのミンチー・クオ氏。彼のレポートによると、この折りたたみiPhoneのディスプレイはSamsung Foundryが提供し、2023年には1500万台から2000万台の折りたたみiPhoneが出荷されると予測しています。

クオ氏は以前にも折りたたみiPhoneに関して、2023年に7.5インチから8インチの折りたたみディスプレイを搭載して投入されると伝えていました。これはライバルのSamsung(サムスン)の「Galaxy Z Fold2」の7.6インチや「Galaxy Z Flip」の6.7インチに比べると、比較的大きなサイズの画面になります。

一方で著名リークアカウントのJon Prosser氏は、アップルは横折りタイプと縦折りタイプの2種類の折りたたみiPhoneを検討していると報告しています。折りたたみスマートフォンでは横折りタイプに大画面が搭載されるケースが多いため、折りたたみiPhoneは横折りタイプで検討されているのかもしれません。

すでにサムスンだけでなく、Huawei(ファーウェイ)やMotorola(モトローラ)、そしてXiaomi(シャオミ)が参戦している折りたたみスマートフォン業界。アップルが製品を投入するなら、どれだけクールなデザインとなるのかにも注目したいものです。

Source: MacRumors

    あわせて読みたい