まるで専門家が答えてくれているかのよう…。グーグルの新検索技術「MUM」とは? #GoogleIO

  • 13,232

  • author 塚本直樹
まるで専門家が答えてくれているかのよう…。グーグルの新検索技術「MUM」とは? #GoogleIO
Image: Google/YouTube

やっぱ富士山登りたいよね。

Google(グーグル)のGoogle I/Oにて、新しい検索アルゴリズム「MUM(Multitask Unified Mode)」が発表されました。

MUMはAI(人工知能)を駆使し、複数回にわたる検索を必要とするような複雑な質問にスパッと答えてくれます。以前の検索アルゴリズム「BERT」でも膨大な量の単語を学習させ、文脈の理解力を高めていましたが、MUMはBERTから性能が1,000倍にもなり、また人間の専門家が回答するような答えを提供できるのです。

Image: Google/YouTube

イベントでのデモでは、「以前にアダムス山に登って、今年秋は富士山に登りたいんだけれど、準備はどのように異なるの?」という複雑な質問を投げかけます。それに対して、ユーザーが2つの山の比較や準備に関する情報を求めていると的確に判断し、該当する情報が載っている記事を見つけ出して答えを表示。さらに、該当する季節に応じた富士山の登山道具に関するオススメも提供したのです。

Image: Google/YouTube

すでに持っている靴の写真を撮って「この靴で問題ない?」と聞くこともできます(Shopping Graphで靴の評価をしているのだと思います)。また、MUMでは75の言語での検索結果のコンテンツを提供できます。たとえば英語圏のひとでも、日本語で記述された富士山の説明にアクセスできるのです。逆に言えば、日本語で検索するだけであらゆる言語からのベストアンサーが得られるということでしょう。また画像や動画に関する情報の提供も可能で、将来的には画像による検索も可能になるとしています。

現在MUMは実験段階にあり、今後数ヶ月のうちに特定の検索機能に組み込まれるとしています。現在のGoogle 検索も十分賢いと思うのですが、将来的には文字どおり世界中のあらる情報に即座にアクセスできるように進化しそうです。あなたはなにを聞いてみたいですか?

Image: Google

Source: Fast Company

MUM検索 ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい