新型Apple TV 4KでHomePodがもっと便利に

  • 6,196

  • author Victoria Song - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
新型Apple TV 4KでHomePodがもっと便利に
Photo: Adam Clark Estes/Gizmodo

モノはいいんです。

Apple(アップル)初代HomePodの販売を終了し、在庫を販売するのに非常に苦労していますが、アップデートを終了したわけではありません。新型Apple TV 4Kを購入すれば、Blu-rayプレーヤー、ゲーム機、ケーブルボックスなど、テレビに接続されているほかの機器の音声をHomePodで再生できるようになります。

新型Apple TV 4KはホームシアターやサウンドバーでおなじみのARCとeARCに対応しています。ARCとはAudio Return Channelの略で、HDMIケーブルを使ってテレビから別のスピーカーやサウンドバーに音声を送ることができます。一方、eARC(Enhanced Audio Return Channel)は同じことをHDMI 2.1で行なうもので、Dolby Atmosのようなより多くの帯域幅を必要とするフォーマットを使用することができます。

HomePodでもARCとeARCが使用可能

オリジナルのHomePodであれば、単体でもステレオペアでもこの機能を利用することができます。しかし、HomePod miniではまだこの機能は使えません。なお、最近のテレビならARCはほとんどの場合搭載されています。そして接続後にApple TVの設定で「ビデオとオーディオ」を選び、「デフォルトのオーディオ出力」をクリック。HomePodが選択されていることを確認します。その下に、「Audio Return Channel(Beta)」の設定があるはずです。そして「テレビの音声を再生」を選択し、オンにします。場合によっては、テレビのオーディオ設定を変更しなければならないケースもあります。

もしかしたらAppleが何か計画しているのかも?

Appleが販売終了した製品、特にHomePodのように大失敗した製品に機能を追加するのは、少し奇妙ともいえます。しかしこれは、同社がスマートホームやホームシアターの計画を進めていることを示しているのかもしれません。つまり次期HomePod や、先月Bloombergが報じたApple TVとHomePodのハイブリッドデバイスなどです。また、単にAppleがHomePod miniを発表したときの約束を果たしただけかもしれません。いずれにしても、HomePodの使い道が増えるのはありがたいことです。

    あわせて読みたい