イワタニのカセットガスで飯が炊ける

  • 30,464

  • author 小暮ひさのり
イワタニのカセットガスで飯が炊ける
Image: 岩谷産業株式会社

「ガス火炊き」のハードル下がります。

直火で炊いたご飯は美味しい。っていうのはよく聞きますよね。その美味しいご飯を「どこでも」食べられるようにしたのが、イワタニのカセットガス炊飯器「HAN-go

カセットガス炊飯器? うん、そう。

あのお鍋とかのときに大活躍するカセットコンロを燃料にして米を炊く。という、ある意味ポータブルな炊飯器なんです。

2021-05-08komek01
Image: 岩谷産業株式会社

構造はカセットコンロの上に炊飯釜が乗ったスタイル。イワタニのカセットガスをセットして、ガス火でご飯を炊くというシンプルな構造です。

ガスで、直火で米なんて炊いたこと無いよ…。という方でも安心な火加減調整不要。釜とボンベをセットした後は、レバーとつまみを操作するだけでOKですよ。これなら美味しいガス火炊きご飯を食せるし、釜にはフッ素加工も施されているので、使用後のお手入れもかんたん!


カセットガスと米と水だけあれば炊ける

2021-05-08komek02
Image: 岩谷産業株式会社

やはり魅力的なのは「カセットガス」だけでいいというところ。

ガス炊飯器や、電子ジャーのようにホースやコードの接続が要らず、燃料となるカセットガスも持ち運びに適しているので、ロケーションを選ばず使えます。たとえばアウトドアで使うとしても、かまどを作れないロケーションでも「HAN-go」なら現地で飯が炊けるわけです。

また、カセットガスは備蓄としても優秀。1本のガスボンベで1合の場合で約19回、5合炊いた場合でも約8回ほど炊けるので、もしライフラインが一時的にストップしても、炊きたての美味しいご飯を食べられたら、ほっ…と落ち着けそうな気がしませんか!?

あとは個人的には、晩酌しながら食卓で飯を炊き始めて、酔ってきたあたりでガス火炊きの米を食す。とかエモくて美味そうな晩飯体験が味わえそうな予感もして、ひょっとしてこれは万能なQOL向上アイテムなのでは?と思い始めています。

そんな日常でもアウトドアでも、非常時にも美味しい炊きたてご飯を食べられるカセットガス炊飯器「HAN-go」。希望小売価格は5万9800円。ちょっとお高めですけど、お米派は持っておいて損はないやつかと。

楽しい時は米を食おう。悲しい時も米を食おう。

Source: 岩谷産業株式会社 via 価格コム

カセットガス炊飯器「HAN-go」 ほしい?

  • 0
  • 0
岩谷産業株式会社

シェアする

    あわせて読みたい