科学者やエンジニアがハワイの火山で火星で生きる訓練中

  • 5,346

  • author Isaac Schultz - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
科学者やエンジニアがハワイの火山で火星で生きる訓練中
Image: HI-SEAS

火星での暮らし...in ハワイ?

そうなんです、Hawaii Space Exploration Analog and Simulation (通称HI-SEAS)という宇宙用の研修施設がハワイ島のマウナロア火山にあるんです。ここは2013年に設立された宇宙飛行士の候補たちや科学者、エンジニアが月や火星での生活のシミュレーションをする場所

宇宙飛行士候補のみなさんは、この海抜2500メートル地点にある施設で月や火星での生活擬似体験のために最大1年間生活をするんだそうです。地球以外でこの先どのように人間が生活をできるかを知る、また調べるためですね。

o9rcucohtk1w5ncsiql9
Image: HI-SEAS

こういった困難な状況下で人間はどのように順応していくのかを知る必要があります。特に宇宙で家族がどのように仲良く、そして一緒に生活できる空間を作るかというところです。そしてこの長いミッションの間に起こった問題をどのように解決するのか、まだまだ改善点がたくさんあるのです」と話すのはHI-SEASのMichaela Musilova所長。

宇宙飛行士の候補たちは、本当の宇宙とは違ってここでは放射能や微小重力にさらされることはありませんが、それでも月や火星に行く時と同じ装備を身につけます。宇宙服と酸素吸入の装置をしっかりつけて施設で過ごすのです。しかしながら宇宙服というのは宇宙飛行士たちを「宇宙」から守るために作られたものなので、ハワイのゴツゴツとした火山での作業にはやはりちょっと不恰好なところもあるとMusilova所長は話しています。

「火山で作業環境は難しいものです。宇宙飛行士の候補たちは尖った石だらけの洞窟の中を降りたり、時には這いつくばったりして動かなくてはいけません。そういった環境の中で、微生物のサンプル採取や特殊な工具で穴を開けるなどの作業をしなくてはいけないのです」とのこと。

NASAのジョンソン宇宙センターや他のシミュレーション施設と同じようにHI-SEASは地球以外での場所で人間が生活できるように準備をするための施設ですが、ハワイが観光ではなく宇宙生活のトレーニングの場所として人々が集まってくるなんてことも、そんなに遠くない未来に起こるかもですね。

    あわせて読みたい