アベンジャーズに次ぐ新たなヒーローが登場。マーベル最新作『エターナルズ』特報

  • 11,449

  • author 傭兵ペンギン
アベンジャーズに次ぐ新たなヒーローが登場。マーベル最新作『エターナルズ』特報
Image: ディズニー・スタジオ公式/YouTube

アカデミー賞受賞監督がマーベルの壮大な物語を映画化!

Disney+で『ロキ』の配信が来月に迫る中、MCUの最新作『エターナルズ』の特報映像がついに公開となりました! 映画『ノマドランド』でアカデミー賞作品賞を受賞したクロエ・ジャオ監督の作品としても注目度の高い今作、果たしてどんな映像を見せてくれるのか?

Video: ディズニー・スタジオ公式/YouTube

宇宙の古代種族セレスティアルズによって作られ、数千年以上にわたり密かに人類に紛れながら暮らしてきた不老不死の種族エターナルズが、自分たちの悪の分身であるディヴィアンツから人々を守るためヒーローとして立ち上がる……というストーリーとなる様子。

エターナルズとは?

エターナルズは伝説的コミックアーティストのジャック・カービーによって生み出された超人種族/スーパーヒーロー。映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にも登場したセレスティアルズは、彼らの創造主としてコミックに登場したキャラクターで、今回の映画でも同様の立場となる様子。

エターナルズは不老不死であり、強靭な肉体だけでなく目からビームが出せたり、テレパシーなどそれぞれ独自の特殊能力を持っているのですが、今の所の映像ではほとんど登場していません。それどころか、ほとんどアクションシーンがないという異例な作りなのも気になるところ。

監督の方針でアクションが控えめな作品なのか、それとも特報ではまだその本当の姿を見せていないだけなのかはわかりませんが、古代から人類とともにいた超人種族という設定もあるし、なによりマ・ドンソクが出ているし、叙事詩として語られるようなデカいアクションをやって欲しいところ。

とにかく映像が美しけれど彩度が低めな風景中心というのは監督のスタイルなのでしょう。静かでシリアスなトーンになりそうではありますが、最後にはマーベルらしいコミカルさも見せていますね。イカリスがアベンジャーズを率いることはなさそうだけど……。

1621905956366
Image: MARVEL

記憶を失った設定は採用されている?

コミックでは、「彼らエターナルズはかつて人類を助け英雄や神として扱われていたが、ある時からエターナルズであるという記憶を失い人間として暮らしていた」という、ニール・ゲイマンがライターを担当したシリーズのストーリーが有名で、この映画もてっきりその話なのかと思いきや、予告を見る限りだと記憶は失っていないのかもしれません。

記憶を失っていたという設定を採用すると、MCUで起こったニューヨーク決戦やサノスとの戦いにエターナルズが不在だったということに説明がつくはずなのですが……果たしてどういう説明がされるのかも気になるところ。

ちなみに予告の1分32秒あたりで『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョン・スノウ役でおなじみのキット・ハリントンが登場していますが、彼が演じる予定のキャラクターはエターナルズではなく、デーン・ウィットマンという人間。

コミックではデーン・ウィットマンは、魔剣を手にペガサスにまたがって戦うスーパーヒーロー「ブラックナイト」として知られるキャラクターです。アベンジャーズやディフェンダーズなどともともに戦った歴史あるキャラクターなのですが、今回の映画でブラックナイトとして描かれるかは不明。コミックではこの映画の主人公であるセルシの恋人でしたが、一緒に写ってるあたりそのストーリーは描かれそう……?

映画『エターナルズ』は2021年11月5日(金)公開です。

Source: YouTube, MARVEL

    あわせて読みたい