新スマートホーム規格「Matter」発表。アップルやアマゾン、グーグルも参加

  • 20,047

  • author 塚本直樹
新スマートホーム規格「Matter」発表。アップルやアマゾン、グーグルも参加
Image:Connectivity Standards Alliance

対応製品はよ

Apple(アップル)やAmazon(アマゾン)、Google(グーグル)が参加するConnectivity Standards Allianceは、新たなスマートホームデバイスの接続規格「Matter」を発表しました。

Matterは、以前は「Project CHIP」と呼ばれていた、IPベースの接続プロトコル。ロイヤリティーフリーで、さまざまなスマートホームデバイス間の通信と信頼性の認証をおこないます。一般家庭ではセットアップコードで、企業ではネットワークを利用して、機器の設定が可能です。

さらにMatterはアマゾンのAlexa、アップルのHomeKit、グーグルのGoogle アシスタント、Samsung(サムスン)のSmartThingsによる音声操作の互換性も確保します。なお、接続にはイーサネット、Wi-Fi、Thread、Bluetooth Low Energyなどが利用可能。

数日前にThe Vergeが報じたニュースによると、Matterの対応製品は年内にも投入される予定です。メーカーや規格が乱立してわかりにくいスマートホーム業界ですが、ようやくMatterでひとつながりになりそうです。

Source: MacRumors

    あわせて読みたい