Skype、どうなる? Teamsが個人向けにも無料提供されたいま…

  • 28,007

  • author 湯木進悟
Skype、どうなる? Teamsが個人向けにも無料提供されたいま…
Image: Microsoft

存在感ますます小さくなる?

ビデオ通話、なに使ってますか? もう答えを聞くまでもない、Zoom大躍進世情ではありますけど、ほんの一昔までは、Skypeこそが、オンラインで世界中の人とコミュニケーションを取るためのスタンダードでした。そんなSkypeも、実はMicrosoft(マイクロソフト)によって買収されてから、10年の歳月が流れようとしています。その間には、Microsoft Messengerが、Skypeに統合されて姿を消し、さぁ、これからはWindowsとSkypeのタッグで一時代だって盛り上がるはずでもあったようなのですが…。

210519teams
Image: Microsoft

どうもMicrosoftの思い描いている戦略は、別のところにあるようです。というのも、Skypeでも、音声通話のみならず、チャットにビデオ会議と、すべて可能で、ビジネスユーザー向けの「Skype for Business Online」なるサービスも用意されていたのですが、このところ前面に押し出されてきたのは「Microsoft Teams」ばかり。そして、ついにこれまで基本は有料の「Office 365」サブスクリプションの購入が前提にあったのに、個人向けのMicrosoft Teams無料で提供する方針へと舵が切られました!

Skypeの将来が気になってしまう

お金を出して、有料で主に企業ユーザーがMicrosoft Teamsを使い、無料の個人ユーザーはSkypeなんて棲み分けが、自然とできていたようにも思えます。しかしながら、このほどT3は、今回のMicrosoft Teamsの無料開放によって、いよいよSkypeの存在危うくなってきたと説きましたよ。そもそもSkype for Business Onlineは、もう再来月でサービス打ち切りとなります。Microsoftは、2年前に打ち切り方針を示し、Microsoft Teamsへの移行を推進することを明らかにした際、個人向けのSkypeについては、その影響を受けないとしてはいました。でも、それは、すべて新型コロナウイルス感染症の大流行も、その後のZoomの台頭もなかった時代の話です。個人向けTeamsの無料提供という新アプローチは、もしやSkype終焉への布石なのでは?

Skypeのほうが、Teamsより使いやすいという人もいるでしょうし、固定電話や携帯電話回線の番号には、Skypeからのほうが手軽に通話しやすいというメリットなどもあります。ただMicrosoft Messengerは、Skypeの買収へMicrosoftが舵を切ってから、2年後打ち切られてしまったんですよね。ですから、いますぐSkypeが完全終了だなんてあり得ませんが、いつの日かTeamsにSkypeが統合されてしまうXデーが近づいているのでは? これもまた時代の流れなのかもしれませんよね?

Source: T3

    あわせて読みたい